関口昌一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関口 昌一
せきぐち まさかず
11sekiguti.jpg
外務大臣政務官就任に際し公表された公式肖像写真(2006年)
生年月日 (1953-06-04) 1953年6月4日(69歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県秩父郡皆野町
出身校 城西歯科大学(現:明海大学歯学部
前職 歯科医師
所属政党 自由民主党茂木派
親族 父・関口恵造(元参議院議員)[1]
公式サイト 参議院議員 関口まさかず

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 5回(補欠選挙を含む)
在任期間 2003年10月 - 現職

選挙区 北2区
当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2003年

その他の職歴
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第30代 自由民主党参議院議員会長
(総裁:安倍晋三菅義偉岸田文雄
2019年9月11日 - 現職)
テンプレートを表示

関口 昌一(せきぐち まさかず、1953年(昭和28年)6月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(5期)、自由民主党参議院議員会長(第30代)。元埼玉県議会議員(3期)。

父は参議院議員、埼玉県歯科医師会会長を務めた関口恵造。長男は関口の第一秘書を務めている[2]

略歴[編集]

埼玉県秩父郡皆野町出身。日本大学豊山高等学校、城西歯科大学(現:明海大学歯学部卒業。大学卒業後、出身地の秩父郡皆野町で歯科医院を開業[1]

埼玉県議会議員[編集]

1995年(平成7年)、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。以後3回連続当選。

参議院議員[編集]

2003年(平成15年)、2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区から出馬する意向を表明。しかし、その直後に埼玉県選挙区選出の浜田卓二郎参議院議員が埼玉県知事選挙への出馬を表明し議員辞職したため[要出典]、同年10月26日に行われた補欠選挙に出馬[1]民主党公認の島田智哉子共産党公認の阿部幸代ら2人の候補者を破り、当選。

2004年(平成16年)、第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区2位で再選。なお、トップは前年の補欠選挙で惜敗した島田だった。

2006年(平成18年)、安倍内閣外務大臣政務官に就任[1]

2010年(平成22年)、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区トップで[要出典]3選。

2013年(平成25年)、第2次安倍内閣総務副大臣内閣府副大臣に就任( - 2014年9月)。

2016年(平成28年)、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区トップで4選。

2017年(平成29年)、自民党参院国会対策委員長に就任[3]

2019年(令和元年)、自民党参院会長に就任[4]

2022年(令和4年)、第26回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区トップで5選。同年、党参院会長に再任[5]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[6]。2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[7]
  • 9条改憲について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[8]。2022年の毎日新聞社のアンケートで「改正して、自衛隊の存在を明記すべきだ」と回答[9]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[7]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[7]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[6]
  • 「北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[6]
  • 安全保障関連法の成立について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「今の法制でよい」と回答[8]
  • 普天間基地の移設問題について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「沖縄県名護市辺野古に移設すべき」と回答[8]。普天間基地の辺野古移設について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[9]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[10]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「さらに強めるべきだ」と回答[7]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより強めるべきだ」と回答[9]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[11]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「大幅に増やすべき」と回答[7]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[6]。2022年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[9]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[6]。2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[9]
  • クオータ制の導入について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[6]。2022年のNHKのアンケートで回答しなかった[7]

その他[編集]

  • 首相の靖国神社参拝について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[6]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[6]
  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「当面は必要だが、将来的には廃止すべき」と回答[8]
  • 2016年2月8日、高市早苗法務大臣は、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した[12]安倍晋三首相は2月15日の衆議院予算委員会で野党の批判に反論し、高市の発言を擁護した[13]。政府の姿勢をどう思うかとの問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで回答しなかった[8]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[9]

献金問題[編集]

  • 日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、関口の自民党埼玉県参院選挙区第四支部が2004年10月6日に受けた2000万円の支給が、迂回献金ではないかとの批判を受けた[14]

所属団体・議員連盟[編集]

支援団体[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 公式ページ プロフィール
  2. ^ 岸田首相がベテラン秘書を辞任させて起用した長男・翔太郎氏 仕事はツイッター更新か” (日本語). NEWSポストセブン. 2022年10月18日閲覧。
  3. ^ 自民、参院国対委員長に関口氏日経電子版
  4. ^ 自民参院会長に関口氏 特別総会で承認 日経電子版
  5. ^ “自民参院会長に関口氏再任”. 時事ドットコム. (2022年7月29日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022072900807&g=pol 2022年7月29日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i 関口昌一”. 2016参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 選挙区 埼玉”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e f “2016参院選 自民 埼玉 関口昌一”. 毎日新聞. オリジナルの2016年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160627035337/http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B11000005005 2022年5月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f 関口昌一 自民 埼玉”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  10. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  11. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  12. ^ “高市総務相発言 「電波停止」 波紋広げる理由とは”. 毎日新聞. (2016年2月11日). https://mainichi.jp/articles/20160212/k00/00m/040/071000c 2022年7月5日閲覧。 
  13. ^ “【衆院予算委】安倍首相、電波停止「民主党政権で同じ答弁」”. 産経新聞. (2016年2月15日). https://www.sankei.com/article/20160215-4QJFNEWS65PKDM4SFNGCRMFAJA/ 2022年7月5日閲覧。 
  14. ^ しんぶん赤旗、2004年9月11日
  15. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  16. ^ “2022年6月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年5月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/05/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=5 2022年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

議会
先代
市川一朗
日本の旗 参議院文教科学委員長
2007年 - 2008年
次代
中川雅治
公職
先代
柴山昌彦
坂本哲志
日本の旗 総務副大臣
上川陽子と共同

2013年 -2014年
次代
西銘恒三郎
二之湯智
先代
浜田昌良
西村康稔
伊達忠一
寺田稔
赤羽一嘉
井上信治
坂本哲志
日本の旗 内閣府副大臣
後藤田正純
西村康稔
岡田広
赤羽一嘉
井上信治と共同

2013年 - 2014年
次代
赤沢亮正
平将明
西村康稔
葉梨康弘
高木陽介
西村明宏
小里泰弘
左藤章
先代
山中燁子
伊藤信太郎
遠山清彦
日本の旗 外務大臣政務官
松島みどり
浜田昌良と共同

2006年 - 2007年
次代
宇野治
坂本由紀子
中山泰秀
党職
先代
橋本聖子
自由民主党参議院議員会長
第30代:2019年 -
次代
現職
先代
松山政司
自由民主党参議院国会対策委員長
2017年 - 2019年
次代
末松信介