関口昌一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関口 昌一
せきぐち まさかず
生年月日 (1953-06-04) 1953年6月4日(66歳)
出生地 埼玉県秩父郡皆野町
出身校 城西歯科大学(現:明海大学歯学部
前職 歯科医師
所属政党 自由民主党竹下派
親族 父・関口恵造(元参議院議員)[1]
公式サイト 参議院議員 関口まさかず

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 4回(補欠選挙を含む)
在任期間 2003年10月 - 現職

選挙区 北2区
当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2003年
テンプレートを表示

関口 昌一(せきぐち まさかず、1953年(昭和28年)6月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(4期)、自由民主党参議院議員会長(第30代)。元埼玉県議会議員(3期)。

父は参議院議員、埼玉県歯科医師会会長を務めた関口恵造

略歴[編集]

埼玉県秩父郡皆野町出身。日本大学豊山高等学校、城西歯科大学(現:明海大学歯学部卒業。大学卒業後、出身地の秩父郡皆野町で歯科医院を開業[2]

埼玉県議会議員[編集]

1995年(平成7年)、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。以後3回連続当選。

参議院議員[編集]

2003年(平成15年)、2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区から出馬する意向を表明。しかし、その直後に浜田卓二郎参議院議員が埼玉県知事選挙への出馬を表明し議員辞職したため[要出典]、同年10月26日に行われた補欠選挙に出馬[3]民主党公認の島田智哉子共産党公認の阿部幸代ら2人の候補者を破り、当選。

2004年(平成16年)、第21回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、再選。

2006年(平成18年)、安倍内閣外務大臣政務官に就任[4]

2010年(平成22年)、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区トップで[要出典]3選。

2013年(平成25年)、第2次安倍内閣総務副大臣内閣府副大臣に就任( - 2014年9月)。

2016年(平成28年)、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、トップで4選。

2017年(平成29年)、自民党参院国会対策委員長に就任[5]

2019年(令和元年)、自民党参院会長に就任[6]

政策・主張[編集]

献金問題[編集]

  • 日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、関口の自民党埼玉県参院選挙区第四支部が2004年10月6日に受けた2000万円の支給が、迂回献金ではないかとの批判を受けた[9]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


議会
先代:
市川一朗
日本の旗 参議院文教科学委員長
2007年 - 2008年
次代:
中川雅治
公職
先代:
柴山昌彦
坂本哲志
日本の旗 総務副大臣
上川陽子と共同

2013年 -2014年
次代:
西銘恒三郎
二之湯智
先代:
浜田昌良
西村康稔
伊達忠一
寺田稔
赤羽一嘉
井上信治
坂本哲志
日本の旗 内閣府副大臣
後藤田正純
西村康稔
岡田広
赤羽一嘉
井上信治と共同

2013年 - 2014年
次代:
赤沢亮正
平将明
西村康稔
葉梨康弘
高木陽介
西村明宏
小里泰弘
左藤章
先代:
山中あき子
伊藤信太郎
遠山清彦
日本の旗 外務大臣政務官
松島みどり
浜田昌良と共同

2006年 - 2007年
次代:
宇野治
坂本由紀子
中山泰秀
党職
先代:
橋本聖子
自由民主党参議院議員会長
第30代:2019年 -
次代:
現職
先代:
松山政司
自由民主党参議院国会対策委員長
2017年 - 2019年
次代:
末松信介