藤田正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤田正明
ふじた まさあき
生年月日 1922年1月3日
出生地 広島県広島市
没年月日 (1996-05-27) 1996年5月27日(74歳没)
出身校 早稲田大学商学部
前職 中央競馬馬主協会連合会会長
藤和不動産代表取締役社長
藤田組取締役副社長
トウショウ産業代表取締役社長
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
参議院永年在職議員
商学士
親族 父・藤田定市
長男・藤田雄山

日本の旗 第16代 参議院議長
在任期間 1986年7月22日 - 1988年9月30日

内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月24日 - 1977年11月28日

選挙区 広島県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1965年7月5日 - 1989年7月9日
テンプレートを表示

藤田 正明(ふじた まさあき、1922年(大正11年)1月3日 - 1996年(平成8年)5月27日)は日本実業家政治家。広島地方区選出の自由民主党参議院議員。第16代参議院議長(在任期間・1986年7月22日 - 1988年9月30日)、総理府総務長官沖縄開発庁長官自由民主党参議院議員会長を歴任。

実父は藤田組(現フジタ)共同創業者で二代目社長の藤田定市。伯父はもう一人の藤田組共同創業者で初代社長の藤田一郎。実兄は三代目社長の藤田一暁。前広島県知事藤田雄山馬主藤田衛成ビーアールホールディングス社長・藤田公康などは実子である。

経歴[編集]

広島県広島市南区翠町出身[1]。父・定市は土木建築請負業を営んでいた[2]。自宅は広島市東白島町にあった[2]修道高校卒業。1944年早稲田大学商学部卒業[1]。藤田組(現・フジタ)入社[1]1962年、同社副社長に就任[1]

1965年、参院選広島県地方区で初当選、以降連続4度当選。大平派(のち鈴木派)に所属し大蔵政務次官、参院大蔵委員長などを歴任。参院の反三木運動の中心人物として知られ、参院国会対策委員長や自民党参院幹事長などで与野党伯仲下の参院運営に力を発揮した。

1976年総理府総務長官沖縄開発庁長官[1]1986年参議院議長に就任、比例代表制の改革に意欲的だったが、病気のため1988年9月辞任した。

人物[編集]

政治家として[編集]

政治家志望の青年を集めて勉強会を主宰。勉強会の参加者には藤和不動産の給料の名目で資金援助があり、森喜朗が政治家になる前の失業中に面倒を見てもらったと話している[3]

スポーツとのかかわり[編集]

正明はサッカーと競馬に関わり、修道高、早大といずれもサッカー選手だった。正明は自身あるいは関連企業を通じてサッカーや競馬に深くかかわった。日本サッカーリーグ(JSL)で3度優勝した「フジタ工業サッカー部(現・湘南ベルマーレ)」、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で優勝した「フジタ天台SCマーキュリー」の創部[4]。正明自身は広島フジタSCのオーナーでもあった。

競馬の馬主としても活動し日本馬主協会連合会会長も務めた。トウショウ産業株式会社を立ち上げ、藤正牧場(現トウショウ牧場)を設置、「トウショウ」の冠名で知られる。存命中に活躍した著名馬には「天馬」と呼ばれるトウショウボーイ、桜花賞馬シスタートウショウなどがいる[5]。トウショウ産業代表は実子・藤田衛成が継いでいる。

また、兄の一暁はミュンヘンオリンピック100m平泳ぎで金メダルを獲得した田口信教を輩出するなど1970年代に日本の男子水泳の中心となった「フジタドルフィンクラブ」を創設した。

家族・親族[編集]

藤田家

広島県賀茂郡黒瀬町(現東広島市)、広島市南区翠・中区東白島町・中区平野町、東京都

1945年昭和20年)8月6日の広島市への原子爆弾投下により、東白島町の藤田家は倒壊した[6]
1889年 - 1973年
  • 母・マサノ(広島、湯川又一の長女)[2][7]
1900年 -
  • 兄・一暁(実業家)[2][7] - フジタ3代目社長。
1920年 - 1991年
  • [2]
  • 妻(広島、大原博夫の三女)[7]
  • 長男・雄山(政治家)[7]
1949年 - 2015年
  • 同妻(佐藤進の長女)[7]
  • 二男・公康(実業家)[7]
1950年 -
  • 三男・衛成(馬主、実業家)[7]
  • 長女(遠藤政夫の長男に嫁ぐ)[7]
親戚

略歴[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第7回参議院議員通常選挙 1965年7月4日 広島県地方区 自由民主党 460,079 49.9 1/3 - -
第9回参議院議員通常選挙 1971年6月27日 広島県地方区 自由民主党 449,324 46.5 1/4 - -
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 広島県地方区 自由民主党 516,981 41.1 1/4 - -
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 広島県選挙区 自由民主党 506,437 50.6 1/3 - -
当選回数4回 (参議院議員4)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 藤田 正明とはコトバンク。2015年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 下』フ62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月4日閲覧。
  3. ^ “私の履歴書 森喜朗(9) 出馬決意 岸元首相の来援に感激 自民党公認は得られず”. 日本経済新聞. (2012年12月9日). http://www.nikkei.com/article/DGKDZO49344960Y2A201C1BC8000/ 
  4. ^ 歴史 - 藤和那須リゾート
  5. ^ 優駿 Official web Site | 今月の立ち読み『芹澤劇場-「日めくり」=第1部』中島騎手の悲痛な叫び - Gallop Online
  6. ^ 『財界人国記 中国編・四国編・九州編』50-52頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『豪閥 地方豪族のネットワーク』89-90頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 山口比呂志、内橋克人、大隈秀夫『財界人国記 中国編・四国編・九州編』サンケイ出版、1978年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。

関連項目[編集]

議会
先代:
木村睦男
日本の旗 参議院議長
第16代:1986年 - 1988年
次代:
土屋義彦
先代:
前田佳都男
日本の旗 参議院大蔵委員長
1972年 - 1973年
次代:
土屋義彦
公職
先代:
西村尚治
日本の旗 総理府総務長官
第26代:1976年 - 1977年
次代:
稲村佐近四郎
先代:
西村尚治
日本の旗 沖縄開発庁長官
第7代:1976年 - 1977年
次代:
稲村佐近四郎
党職
先代:
木村睦男
自由民主党参院議員会長
第13代:1983年 - 1985年
次代:
土屋義彦