藤田一暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤田 一暁(ふじた かずあき、1920年大正9年)4月1日 - 1991年平成3年)5月16日)は、日本実業家フジタ社長・会長。フジタドルフィンクラブ設立者。伯父は藤田組(現フジタ)創業者の藤田一郎、実父はフジタ工業会長の藤田定市、弟は参議院議長を務めた藤田正明。甥は広島県知事を務めた藤田雄山。長男はフジタ社長を務めた藤田一憲。

経歴[編集]

広島県広島市出身[1]。父・定市は土木建築請負業を営んでいた[2]1943年日本大学工学部建築学科卒業。藤田組に入り、1949年監査、1951年取締役、1957年副社長を経て、1962年社長に就任[1]

人物[編集]

1945年昭和20年)8月6日の広島市への原子爆弾投下により、東白島町の藤田家はぺしゃんこにつぶれた[3]。自宅にいた一暁は気を失ったが、何秒後かに気がつき、ケガもないため自力で這い出した[3]。家の下にある両親とお手伝いさんを助けようとしたが、一人ではどうにもならず、通りがかりの兵隊の助けを借りて救出した[3]

家族・親族[編集]

藤田家

広島県東広島市広島市東京都

1889年 - 1973年
  • 母・マサノ(広島、湯川又一の長女)[2]
1900年 -
  • 弟・正明(実業家、政治家)
1922年 - 1996年
  • 同長男・雄山(政治家)
  • 同二男・公康(実業家)
  • 同三男・衛成(馬主)
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤田 一暁とはコトバンク。2016年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 下』フ62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c 『財界人国記 中国編・四国編・九州編』50-52頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版下』人事興信所、1943年。
  • 山口比呂志、内橋克人、大隈秀夫『財界人国記 中国編・四国編・九州編』サンケイ出版、1978年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。