東白島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 広島県 > 広島市 > 中区 (広島市) > 東白島町
東白島町
白島電停周辺
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima, Hiroshima.svg 広島市
中区
人口
(2018)[1]
 • 合計 3,568人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
730-0004
市外局番 082
ナンバープレート 広島

東白島町(ひがしはくしまちょう)は、広島市中区町名。丁目は無い。住居表示実施済み[2]郵便番号は730-0004(広島中央郵便局管区)。白島南部の東にあり、もと広島町組に属す[3]

寛永年間の広島の絵図(『概観広島市史』より)。

歴史[編集]

1965年4月1日、廃止された白島東中町(はくしまひがしなかまち)の区域は現在の白島中町、白島北町、東白島町である[4]

人口[編集]

1925年末の現住戸数・現住人口は435・1728[5]2018年6月末現在の世帯数・人口は1919・3568[1]

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

店・企業

地域[編集]

ビル、マンション、アパート等

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

政治・経済・行政[編集]

医師[編集]

1916年9月、当地に医院を建設し、内科外科を得意とした[11]

学術[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 広島市 人口,世帯数(町丁目別) 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ 住居表示の実施区域と未実施区域 広島市 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ 『広島市史 第4巻』182頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月10日閲覧。
  4. ^ 廃止町名と現在の町の区域、広島市公式サイト。
  5. ^ 『広島市統計年表 大正14年(第21回)』28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 弁護士を探す、広島弁護士会会員名簿、広島弁護士会公式サイト。
  7. ^ a b c d e f g 税理士情報検索、税理士情報検索サイト。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『商工人名録 昭和8年』1-288頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j 『日本紳士録 第28版』広島1-34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月14日閲覧。
  10. ^ a b c d 『日本紳士録 第41版』広島1-30頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月1日閲覧。
  11. ^ a b c d 『広島県紳士名鑑』廣島市之部1-210頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月25日閲覧。
  12. ^ a b c 『日本紳士録 第44版』広島1-28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月2日閲覧。
  13. ^ a b c 『財界人国記 中国編・四国編・九州編』50-52頁。
  14. ^ a b 『広島県紳士録 昭和8年版』1-101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『広島県紳士名鑑』国民教育普及社、1917年。
  • 広島市編『広島市史 第4巻』広島市、1922年-1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第28版』交詢社、1924年。
  • 広島市編『広島市統計年表 大正14年(第21回)』広島市、1927年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。
  • 広島商工会議所編『商工人名録 昭和8年』広島商工会議所、1933年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。
  • 山口比呂志、内橋克人、大隈秀夫『財界人国記 中国編・四国編・九州編』サンケイ出版、1978年。