内藤克俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
1924 パリ 61kg級

内藤 克俊(ないとう かつとし、1895年2月25日 - 1969年9月27日)は、広島県広島市本川町(のちの中区本川町)出身のレスリング選手[1][2]柔道家で最終位は七段。1924年パリオリンピック銅メダルを獲得し、日本レスリング史上初のオリンピックメダリストとなった[3]

経歴[編集]

生後半年で陸軍将校の父を亡くす。広島済美国民学校[4][5][6]入学後に母も急逝[1]台湾に嫁いだ長姉を頼って海を渡り、そこで柔道を始めた[1]。台北一中(のちの建国中学)に進み在台湾中に初段を獲る。鹿児島高等農林学校(のちの鹿児島大学農学部)に進み、柔道部を作る。相撲部も作った。三年生の夏、京都武徳殿で開催された武道大会で全勝し講道館ニ段となる。卒業後、上京し三段をとる。

米国ペンシルベニア州立大学に留学[7][8][9]、農学カレッジとして出発した同学の建学以来、工学部、地球・鉱物科学部等と共に同学の学術活動を引張って来た農学部に入学し、園芸学を専攻した[10]。内藤は、そこで柔道に似たレスリングを発見[10]、大学でレスリング部のキャプテンとなると、全米学生チャンピオンにもなり「タイガー内藤」と異名をとった。排日運動が激しくなったこの時代、日本人がアメリカの大学のスポーツ部のキャプテンに就任したのも、内藤の人望があったからこそといわれるが、在学当時、学長宅に寄宿させてもらっていた事も、これを裏付けている。排日移民法が施行した1924年、米国代表として国際試合に出場する事が不可能となったため、学長は、駐米日本大使に日本代表として出場させるよう進言し、これを受け、駐米大使の推薦でパリオリンピック日本代表となった内藤は、ニューヨークからパリの大会会場へ向かった[1]。 米国社会で日本人移民の増加を封じるための排日移民法制定を望む世論の高まりで、外務省の進言に基づき、日本政府は日米間の摩擦を和らげるべく、留学生内藤を「日本代表選手」として派遣する、という高度な政治的理由をもって、内藤を日本選手団に加えたともいわれる[11]

レスリングは近代オリンピック第1回大会から行われていたが、日本では柔道の亜流と考えられて軽視されていた。このため当時、日本ではレスリングは行われていなかった。パリへ向かう船内の練習で手の指を痛め、思うように動けず[12]フリースタイルフェザー級3回戦で、米国の大会では負けたことの無かったリードに判定で敗れた。リードは金メダル。しかし敗者復活戦と3位決定戦に勝ち、日本レスリング初参加で初のメダル(銅メダル)を獲得した。この大会、日本選手の参加は陸上水泳テニスと内藤のレスリング、全23人で、うち唯一のメダル獲得となり、前回のアントワープオリンピックのテニス・シングルスとダブルスで獲得した銀2個に次ぎ3個目のメダルとなった。日本初の銀メダルは、アントワープの熊谷一弥が第1号で、日本初の銅メダルはこの内藤となる[10]。また金メダル第1号は4年後、1928年アムステルダムオリンピック織田幹雄のため、オリンピックでの日本の金メダルと銅メダル獲得第1号は広島出身者となる[13]

内藤は五輪後、一旦は帰国し早稲田大学専門部出身の柔道家・石黒敬七と意気投合、東京都文京区講道館にて、日本で初めてのレスリング講習会を催す[11]。レスリングは柔道界に新風を巻き起こし、陸軍戸山学校からも指導を委嘱された。しかしこれらの胎動は実を結ぶことなく、母校・鹿児島大学にレスリング部を創設する機会にも恵まれなかった[11]。同年のうちに当時日本の植民地だった台湾に渡り製糖会社に就職。ここでレスリングとの縁を切ってしまう。内藤が講道館に蒔いたレスリングの種は、その後も細かいながらも命脈を保ち、1928年アムステルダムオリンピックには、ライト級の新免伊助が出場したが、レスリングの練習をしたのは大会直前に英国でわずか15日間というにわか仕込みで、一回戦判定負けを喫し、早々と姿を消した。所詮は「裸柔道」という感覚でしかレスリングを捉えていなかったのである[11]

日本オリンピック委員会(JOC)〜日本体育協会の中では毅然と日本スポーツ界創世記のオリンピックメダリストとして栄光の人である[10]石井千秋は講道館機関誌『柔道』1998年4月号で、この内藤が「日本レスリングの生みの親といわれていた」と述べている。同様に「日本レスリングの始祖」だとする見方もあるが、一方で内藤の偉業が、日本レスリング協会という組織が誕生する8年も前のことであるためで、偉人とはいっても、協会とは関係のない人だと考えている人もいる[10]。日本で、まだレスリングをやってない時代にメダルを獲って、日本でレスリングを普及させることなく、ブラジルに行ってしまったため、日本レスリングの発展には、内藤はほとんど関与していない。日本国内のレスリングは、1929年早稲田大学柔道部が米国へ遠征し、メンバーの1人であった八田一朗が帰国後大学にレスリング部を作ったことを始まりとする[14]。以降、日本レスリングはオリンピックで金メダルを計20個を獲るなど、世界に名を轟かせていった。

内藤は台湾在住の後1928年、夫人と長男とともに夢であったブラジル移住。北米大卒で五輪メダリストだと吹聴するなと家族に諭した[1]。ブラジル開拓事業に人生を捧げ、当地で柔道場「推開道場」を開いて指導した。ベレン前田光世に遭遇したこともある。ブラジルで最初に柔道と剣道を纏めた組織であった伯國柔劒道聯盟が発足したのは1933年だったが、内藤が発起人の一人であった事が「伯國柔劒道聯盟趣意書」で分かる。また、同連盟が同年11月に発行した「武徳」という雑誌には柔道三段、と載っている。第二回伯國柔劒道聯盟武道大会で高専柔道六高出身の小野安一と対戦。審判の制止を聞かなかった小野に関節技で腕を折られ敗れる。小野は勝ち進み優勝し小野道場を開設。のちにブラジル全土に勢力を広げる。同連盟は日米開戦時、当局の命で解散となった。戦後、推開道場は道場対抗戦で二連覇。1948年、推開道場は240畳の白亜の新道場に。1953年、全伯柔道有段者会が発足し、会長に。同年、ブラジル柔道三大派閥大河内派、鹿島真楊流柔術から転じ日本国粋主義で売る小川派、小野派らをまとめブラジル柔道が大同団結する仲介役をになうが大河内辰夫エリオ・グレイシーやプロレスラー、プロボクサーらと興行試合をやっていた小野安一一派とは一緒にやれないと譲らず頓挫。1958年、大河内を会長とする全伯講道館有段者会が講道館から承認され、以降、内藤は目立つ存在ではなくなる。1964年東京オリンピックの際にレスリング協会からの招きで来日した。1969年5月講道館七段を贈られる。同年9月に亡くなる。ブラジルでは、園芸の分野でも成功し、後年、同国産業協会会長に就任した。

1995年5月5日、日本ペンステート同窓会(会長 本田博)は、記録に残る最初のペンシルベニア州立大学日本人卒業生でもある内藤克俊の偉業を称え、ブラジルおよび日本から長男内藤克寛(パウリスタサンパウロっ子)柔道連盟会長経験者)夫妻らの親族を迎え、内藤克俊プラーク(plaque)をジョアブ・トーマス(Joab L. Thomas)学長臨席の元で、同学に献呈した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “82個のメダル 五輪表彰台の中国勢 第1部 <1> 内藤克俊”. 中国新聞. (2008年4月1日29面). http://www.chugoku-np.co.jp/Olympic/Beijing/Edit/Oe08040101.html 
  2. ^ 『広島県大百科事典〈上巻〉』中国新聞社、1982年、211頁
  3. ^ オリンピック・メモリアルグッズ 内藤克俊選手の銅メダル (レスリング界初のメダル)
  4. ^ 32、済美国民学校の碑
  5. ^ 済美小学校のその後
  6. ^ 同校出身者は他に阿川弘之竹西寛子堀正旗渡辺銕蔵ら。
  7. ^ ペンシルベニア州立大が58年ぶりの優勝…10万4000人が見た全米学生選手権
  8. ^ 内藤克俊が卒業したのは、同州のほぼ地理的中心に創設されたペンシルベニア州立大学の本校(当時Pennsylvania State College、現在のThe Pennsylvania State University (通称Penn State、略称PSU) Main Campus (University Park Campus))である。この大学が、音楽学部・美術学部・体育学部・レクリエーション学部・リハビリテーション/ヒューマンサービス学部なども有する総合大学で、名門州公立大学から成るパブリック・アイビーズの一つであるのに対し、同州東部に位置する古都フィラデルフィアペンシルベニア大学 ( The University of Pennsylvania)は名門私立大学8校から成る元祖アイビーリーグの一つ。フィラデルフィアには、PSUの分校もあり、混同しやすいので注意。
  9. ^ ペンシルベニア州立大が58年ぶりの優勝…10万4000人が見た全米学生選手権【2011年3月25日】
  10. ^ a b c d e 「スポーツ20世紀⑤」 ベースボール・マガジン社 2000年 p78
  11. ^ a b c d 「早稲田大学レスリング部70年史」 p20-21
  12. ^ 第8回 パリ大会 : 日本の成績 : アテネ五輪 : Yomiuri On-Line (読売新聞)
  13. ^ 日本の夏季オリンピック金メダル日本の夏季オリンピック銅メダル
    JOC - オリンピックの歴史(3) 激動の時代を迎えたオリンピックオリンピックと日本 秩父宮記念スポーツ博物館・図書館- 日本スポーツ振興センター過去の日本人メダル獲得者 - Nikkansports.com: アテネ五輪特集【五輪トリビア】日本初メダルはテニス
  14. ^ 競技紹介:レスリング - JOC

伝記[編集]

記事・参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]