楠瀬常猪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楠瀬常猪
くすのせ つねい
145726 The citizens of Hiroshima and members of the Occupation Force and Occupation Force civilians are addressed by Kusunose Tsunei, governor of Hiroshima Prefecture.JPG
生年月日 1899年2月10日
出生地 広島県
没年月日 1988年6月18日
出身校 旧制東京商科大学一橋大学の前身)
前職 近畿地方総監府副総監
所属政党 日本自由党

当選回数 1回
在任期間 1945年10月27日 - 1947年3月14日

当選回数 1回
在任期間 1947年4月16日 - 1950年11月29日

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1950年 - 1953年
テンプレートを表示

楠瀬 常猪(くすのせ つねい、1899年2月10日 - 1988年6月18日)は、日本の政治家。元参議院議員、39代官選・初代公選広島県知事である。

来歴・人物[編集]

1899年広島県に生まれる。1923年東京商科大学一橋大学の前身)卒業。商工省課長、燃料局長官、中国地方行政事務局長官等を歴任する。

1945年に39代官選広島県知事となり、戦災都市復興協議会を設置、原爆投下で廃れていた広島の街の復興に努めた。官選知事を1947年3月まで務めた後、同年4月5日に初めて執行された広島県知事選挙に出馬し、中井正一らを破り当選。初代公選広島県知事に就任した。

1950年、欠員が生じた参議院広島県選挙区に出馬するため、任期の途中に知事を辞職(後任は大原博夫)、補欠選挙に自由党から出馬し当選した。しかし、1953年第3回参議院議員通常選挙において落選し、政界を引退した。

1988年6月18日、心不全のため89歳で逝去。

親族[編集]