栗原君子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗原君子
くりはら きみこ
生年月日 (1946-01-13) 1946年1月13日(73歳)
出生地 広島県安芸郡熊野町
出身校 安田女子高等学校
現職 党中央執行委員長
所属政党日本社会党→)
新社会党

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1992年7月26日 - 1998年7月25日
テンプレートを表示

栗原 君子(くりはら きみこ、1946年1月13日- )は、日本の市民運動活動家、政治家。元参議院議員、元新社会党中央執行委員会委員長。

経歴[編集]

広島県出身。早くから反核運動平和運動に参加した。1975年4月から1992年まで、熊野町議会議員を務めた。

1992年の第16回参議院議員通常選挙に地元の広島県選挙区に「護憲・ヒロシマの会」公認、日本社会党推薦で立候補。「連合の会」公認の現職議員を破り初当選。当選後は日本社会党に所属した。非武装中立自衛隊違憲論などの社会党の伝統的な政策を重視し、1993年に社会党が細川護煕連立政権への参加で自衛隊容認に転じたことを党内から批判した。1994年の政治改革関連法案では、与党議員でありながら反対票を投じた。

1995年、社会党の村山富市委員長が自民党新党さきがけとの連立で内閣総理大臣に就任し、自衛隊合憲や日米安全保障条約の堅持を打ち出すと激しく反発した。同党がこの方針を綱領とした新党への改組を検討すると、栗原は左派矢田部理に同調して新党参加を拒否し、1996年1月、村山による社会民主党結成に先立って、矢田部や同じ広島県出身の小森龍邦などと共に新社会党を結成した。

栗原にとって新社会党への参加は政治信念に基づいた結果であったが、社会党時代に支援を受けた連合系労働組合が離反したのは大きな痛手となった。1998年第18回参議院議員通常選挙では新社会党の公認候補者として広島県選挙区から出馬したが今回は落選し、これで同党所属の国会議員はいなくなった。2001年第19回参議院議員通常選挙でも同じく広島県選挙区から立候補し、今回も落選した。

その後は市民運動に関わり、副書記長、書記長、副委員長を経て、2005年には小森の後任として新社会党の第3代委員長に就任した。新社会党初の女性委員長で、党勢の衰退に歯止めを掛ける役割を期待されている。至近選挙での国会議席回復が厳しいなか、日本国憲法の擁護(護憲)や自衛隊の海外派遣反対などで社民党や日本共産党、各種市民団体との連携を模索している。ただし、前任者の矢田部や小森ほどの知名度は無い。右派論者からは「反日的・自虐的」という批判を浴びることもしばしばある。[誰?]

2007年参院選に比例区から出馬した。新社会党単独での比例区擁立は困難なため、共産党や社民党と共同名簿を組み、その名簿団体の公認候補としての出馬を希望していた。しかし、共産・社民両党とも比例区は単独で候補を擁立するよう動いており、新社会党との共同名簿作成を拒否したためみどりのテーブル関係者などとともに確認団体9条ネット」を立ち上げ、その比例区候補となることとなった。7月29日投開票の結果、栗原自身の個人得票は17,884票、9条ネット全体の得票は273,745票に留まり、栗原を含め全員が今回もまた落選した[1]。現在に至る。

脚注[編集]

  1. ^ “比例代表 9条ネット:開票結果:参院選2007”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/kaihyou/yb00066.htm 2013年2月17日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
小森龍邦
新社会党委員長
3代:2005年 - 2011年
次代:
松枝佳宏