中井正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井 正一(なかい まさかず、1900年2月14日 - 1952年5月18日)は、日本美学者評論家社会運動家広島県竹原市出身で尾道市に育つ。

人物[編集]

京都学派の流れを汲みつつ、中井美学と呼ばれる独自の美学理論を展開した。その理論は極めて広範多様な対象への実践的な視点で知られる。1936年に発表した代表的論文「委員会の論理」をはじめとして、その著作は戦前戦後を通じて、いわゆる進歩的文化人を中心に広く影響をあたえた。京都帝国大学文学部、相愛女子専門学校(現、相愛女子短期大学相愛大学)講師。1948年羽仁五郎の推薦で国立国会図書館副館長に就任し、その基盤確立に尽力した。

近年、中井のメディア論が再び注目されており、再評価の動きが高まっている。長男は情報科学者図書館学者中井浩

略歴[編集]

業績[編集]

中井は大学院進学後、恩師深田康算の依頼によって京都哲学会の学会誌『哲学研究』の編集にかかわり、この頃よりカントからマルクスの研究へと関心を深めていった。

深田の没後、『深田康算全集』(岩波書店)の編集の中心となる(名目上の責任者は植田寿蔵)。この時のメンバーを中心として1930年に『美・批評』を創刊。同誌は美術史研究を中心としながら、現象学記号論新カント派フランクフルト学派などの思潮、新即物主義などの芸術実践を含めた幅広い視野を持っていた。中井自身も貴志康一らと実験的な色彩映画の製作を行うなど、著述にとどまらない活動を展開した。

1933年、滝川事件に際して京大文学部院生グループの中心人物として活動。以後、社会情勢のファシズム化に抗して左翼文化活動への関与を深める。1935年、滝川事件後、一時停滞していた『美・批評』は久野収新村猛和田洋一真下信一武谷三男らを迎えて『世界文化』と改題、再創刊され国際的な反ファシズム文化運動の紹介などを端緒に左翼文化誌としての性格を先鋭化させていく。

1937年、能勢克男斎藤雷太郎ら(隔)週刊新聞『土曜日』を創刊。同誌は左翼運動の大衆啓蒙を目的としており、記述平明なタブロイド紙として多くの読者を獲得した。同年11月、治安維持法違反の容疑で新村、真下らと共に検挙。以後、終戦まで活動の場を実質的に失う。

1945年、郷里にほど近い疎開先、尾道市の市立図書館長に就任。民衆文化の地方からの再生を掲げて社会教育活動を推進した。

1948年、参議院図書館運営委員長であった羽仁五郎の推薦で国立国会図書館副館長に就任。日本図書館協会理事長にも選出され、図書館を通じた文化復興に尽力した。羽仁の腹案では中井を館長として招聘する予定であったが、中井の左翼活動の経歴が問題視され、保守層からの強い反対が起こった。そのため、参議院議長松平恒雄らは金森徳次郎を館長に据え中井を副館長とする妥協案を示した。また、京都大学図書館元館長の新村出の推薦状を中井は提出し、さらにGHQ最高幹部らに羽仁は金森と中井を紹介することでようやく松平案は実を結んだという。[5]。就任後もこの問題が後をひき、幾多の妨害に悩まされた。また設立早々の国会図書館には課題が山積し、それにあたる激務から体調を崩し病状を悪化させた。

1951年に『美学入門』、1952年に『日本の美』を刊行するなど活動意欲は最後まで衰えなかったが、1952年5月18日、胃癌により逝去した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 近代美の研究(三一書房、1947年)
  • 美学入門(河出書房(河出市民文庫)、1951年)
  • 日本の美(宝文館、1952年)
  • 美学的空間-機能と実存と組織の美学(弘文堂、1959年、鈴木正 編)
  • 美と集団の論理(中央公論社、1962年、久野収 編)
  • 中井正一全集 全4巻(美術出版社、1964年-1981年、久野収・中井浩 編)
  • 生きている空間-主体的映画芸術論 (てんびん社、1971年、辻部政太郎 編)
  • 論理とその実践 組織論から図書館像へ(てんびん社、1972年、中井浩 編)
  • アフォリズム(てんびん社、1973年、富岡益五郎 編)
  • 美学入門(朝日新聞社[朝日選書]、1975年)
  • 中井正一評論集(岩波文庫、1995年、長田弘 編)
  • 中井正一エッセンス(こぶし書房、2003年、鈴木正 編)
  • 美学入門(中公文庫、2010年、後藤嘉宏 解説)

共編著[編集]

  • 回想の三木清(三一書房、1948年、共著)
  • 回想の戸坂潤(三一書房、1949年、共著)
  • 学校図書館運営の実際と読書指導(西荻書店、1950年、共著)
  • 図書館年鑑1952(図書館資料社、1951年、中井正一・岡田温 編)
  • 芸術論集(河出書房新社、1961年、共著、桑原武夫 編)
  • 現代日本思想大系第14巻「芸術の思想」(筑摩書房、1964年、共著、矢内原伊作 編)
  • 戦後日本思想大系第1巻「戦後思想の出発」(筑摩書房、1968年、共著、日高六郎 編)
  • 戦後日本思想大系第12巻「美の思想」(筑摩書房、1969年、共著、羽仁進 編)
  • 現代日本映画論大系第1巻(冬樹社、1971年、共著)

研究書(中井に関する)[編集]

  • 鈴木正『日本の合理論 狩野亨吉と中井正一』現代思潮社・現代新書 1961
  • 佐藤晋一『中井正一-図書館の論理学』近代文芸社 1992(増補版)
  • 木下長宏『中井正一 新しい「美学」の試み』リブロポートシリーズ民間日本学者〉 1995
  • 高島直之『中井正一とその時代』青弓社 2001
  • 後藤嘉宏『中井正一のメディア論』学文社 2005
  • 馬場俊明『中井正一伝説─二十一の肖像による誘惑』ボット出版 2009

関連書(中井に関する)[編集]

  • 山代巴『千代の青春』径書房、1996

広島での文化運動時代の中井の教え子である山代巴が、中井の母親を主人公にして書いた小説。  

文献目録[編集]

  • 鈴木正「関係文献目録」(『増補美学的空間』(新泉社、1982年)所収)
  • 新村徹・平川千宏「中井正一著作目録[6]」『参考書誌研究』32号(1986年)

(なお新村徹新村出の孫、上記、新村猛の子息にして中井の娘婿・元桜美林大学助教授)

  • 平川千宏「中井正一の戦後の活動に関する文献[7]」『参考書誌研究』35号(1989年)
  • 平川千宏・藤井祐介「中井正一著作目録 追補[8]」『参考書誌研究』67号(2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 『第三高等学校一覧 大正11年4月起大正12年3月止』第三高等学校、1922年9月、p.316
  2. ^ 『官報』第2929号、大正11年5月10日、p.254
  3. ^ 『京都帝国大学一覧 自大正14年 至大正15年』京都大国大学、1926年、p.623
  4. ^ 『官報』第3895号、大正14年8月17日、p.425
  5. ^ 中井の就任に難色が示された記録としては昭和23年3月25日の衆議院図書館運営委員会において『國立國会図書館の副館長は、館長を補佐する必要上、人格の高邁なること、偏傾ならざる思想の所有者たることを要し、同時に図書館業務につき多年の経驗と知識を持つ有資格者を任命せられんことを決議する。』と中井の思想について問題視する決議までなされているものがある。
  6. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3051245
  7. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3051273
  8. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3051577

外部リンク[編集]