九鬼周造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九鬼 周造
生誕 (1888-02-15) 1888年2月15日
日本の旗 日本東京府東京市
死没 (1941-05-06) 1941年5月6日(満53歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
時代 20世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学実存主義京都学派
研究分野 形而上学存在論時間論偶然性美学いき倫理学
主な概念 原始偶然(絶対的形而上的必然、形而上的絶対者)、偶然性いきの構造、実存
テンプレートを表示

九鬼 周造(くき しゅうぞう、1888年2月15日 - 1941年5月6日)は、日本哲学者。出身は東京府東京市[1]京都大学教授東京帝国大学文科大学(文学部)哲学科卒業、京都帝国大学文学博士

人物・経歴[編集]

父は明治を代表する文部官僚男爵九鬼隆一。祖先は九鬼水軍を率いた武将九鬼嘉隆。母の九鬼波津子は周造を妊娠中に岡倉覚三(天心)と恋におち(隆一は岡倉の上司であった)、隆一と別居(のち離縁)するという事態となった。生みの父・隆一、精神上の父・岡倉、そして喪われた母という、この3人のはざまで幼少期・青年期の周造は成長していくこととなり、それは後の精神形成にも大きな影響を与えることとなったと考えられる。九鬼は子供の頃訪ねてくる岡倉を父親と考えたこともあったと記している。

1904年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。第一高等学校独法科に進むも文科に転じる。東京帝国大学文科大学哲学科ではラファエル・フォン・ケーベルに師事した。東京大学哲学科卒業後、ヨーロッパ諸国へ足かけ8年間ものあいだ留学。はじめドイツに渡り、新カント派ハインリヒ・リッケルトに師事するが、彼はそれでは満たされず、のちフランスに渡り、アンリ・ベルクソンと面識を得るなどし、彼の哲学から強い影響を受ける。と同時に遊興にも走った。その後ふたたびドイツに留学すると、今度はマルティン・ハイデッガーに師事し、現象学を学んだ。九鬼は三木清和辻哲郎などとともに日本でハイデッガーの哲学を受容した最初の世代にあたり、「実存」といった哲学用語の訳語の定着をはじめとして、日本におけるハイデッガー受容において彼が果たした役割は少なからぬものがあるといえる。また、ハイデッガーの方も九鬼を高く評価している[2]

1929年に帰国してから、1941年に没するまで京都帝国大学文学部哲学科で、デカルト、ベルクソンをはじめとするフランス哲学や近世哲学史、現象学を中心とした当時の現代哲学などを教えた。1929年京都帝国大学講師に着任、1932年に博士論文「偶然性」を提出し京都帝国大学文学博士の学位を取得[3]、そして1933年助教授となり、1935年から西洋近世哲学史講座の教授となった[4]

ヨーロッパの長期滞在の中でかえって日本の美と文化に惹かれていく自分に気づいていった彼は、帰国後、その洞察を活かして「いきとは、垢抜けして、張のある、色っぽさ」の言葉のある『「いき」の構造』(1930年) を発表する。これは、日本の江戸時代遊廓における美意識である「いき」(粋)を、現象学という西洋の哲学の手法で把握しようと試みた論文で、これを考察の対象にしたということだけで当時は驚きをもって迎えられた。

九鬼は1941年腹膜炎で死去し、京都の法然院で、谷崎潤一郎内藤湖南らとともに眠っている。墓石の揮毫は同僚の西田幾多郎によるもので、側面には西田が翻訳も行ったゲーテの「さすらい人の夜の歌 "Wandrers Nachtlied"」の一節が刻まれている。

哲学[編集]

京都大学大学院文学研究科の思想家紹介において、九鬼の哲学は「二元性」という言葉によって説明されている。

……九鬼の哲学は「二元性」という特徴を持つ。まず、西洋と日本との伝統のあいだでの二元性。この問題は『「いき」の構造』へと結実していく。さらに、「偶然性」と「必然性」あるいは「自己」と「他者」の二元性。この問題から結実するのが、主著『偶然性の問題』である。そこには、この世に偶然生まれ落ちた「この私」の個体性と実存への眼差しと、論理では語り尽くせない「この私」のあり方を如何に語り出すのか、という問いがある。それゆえ、西洋哲学の根幹に存するイデア中心主義に対して、論理からこぼれおちる「偶然性」を取り上げた九鬼の哲学は徹底して個体にこだわる実存哲学であった。さらに、自己と他者の「独立の二元の邂逅」から偶然性と個体性を語る九鬼哲学は、現代哲学における「差異」という観点とも響き合い、現在注目を集めている。 — 京都大学大学院文学研究科・文学部思想家紹介、「九鬼周造」

主な著作は、『偶然性の問題』、『「いき」の構造』、『人間と実存』など。京都大学の思想家紹介においては、『人間と実存』収録の「哲学私見」がその入門書として推薦されている[5]

逸話[編集]

  • 九鬼は留学中、フランスで若きサルトルから個人的にフランス哲学・フランス語を教わっていた、という逸話がある。一方でサルトルの方も、この時九鬼から現象学などの哲学についての影響を受けたのではないか、という説がある。
  • 九鬼は嫂(亡くなった次兄の嫁)と30歳の時に結婚するも破綻。2度目に結婚した相手は祇園の芸妓であった。これには彼の生い立ちや独特の美意識が影響していたのではないかと思われるが、周囲では「九鬼先生が講義にたびたび遅刻してくるのは、毎朝祇園から人力車で帝大に乗り付けてこられるからだ」という噂がまことしやかに話されていたとのことである。
  • 主な弟子に、日本で最初に、医学を主題に哲学講座「医学概論」を開いた澤瀉久敬(おもだか・ひさゆき、大阪大学名誉教授などを歴任|国文学者澤瀉久孝は兄)がおり、全集編集委員(他に天野貞祐ら)でもあった。

著作[編集]

単著・講義・随筆集[編集]

  • 『時間論』、フランス語原文は1928年フランスパリで刊行。
    • 『時間論 他二篇』(岩波文庫2016年、小浜善信編・注解)として刊行されている。この『時間論』は、1921年から1928年のヨーロッパ遊学(留学)の集大成であり、九鬼がフランス語で執筆し、パリの出版社から単行本として刊行した、九鬼の哲学処女作(若き日の彼が初めて出版した哲学書)である[6]。岩波文庫には、その『時間論』の全編邦訳とともに、他二篇として帰国後の論文「時間の問題」(1929年)と「文学の形而上学」(1940年)も同時に所収されている[7]
  • 『「いき」の構造』、岩波書店、初版1930年
  • 『偶然性の問題』、岩波書店、初版1935年
    • 『偶然性の問題』、岩波文庫、2012年。小浜善信注解・解説。
  • 『人間と実存』、岩波書店、初版1939年
    • 『人間と実存』、藤田正勝注解・解説、岩波文庫、2016年
  • 『文藝論』、岩波書店、初版1941年。生前最後に執筆していた著作であり、死の四ヶ月後に刊行された。
  • 『遠里丹婦麗天』、岩波書店、初版1941年。遺稿集の随筆集。
  • 『巴里心景』、甲鳥書林、初版1942年
  • 『西洋近世哲学史稿 上下』、岩波書店、初版1944年
  • 『現代フランス哲学講義』、岩波書店、初版1957年
  • 『九鬼周造随筆集』 菅野昭正編・解説、岩波文庫、1991年

選集など[編集]

全集[編集]

  • 『九鬼周造全集』(全11巻+別巻 資料・年譜)、岩波書店、1981-82年
     ※著作・講義録・書簡などをほぼ収録。新版復刊1990-91年、2011-12年。

関連文献[編集]

  • 安田武多田道太郎 『『「いき」の構造』を読む』 朝日選書、1979年。
  • 坂部恵 『不在の歌 九鬼周造の世界』 TBSブリタニカ、1990年。
  • 田中久文 『九鬼周造 偶然と自然』 ぺりかん社、1992年。
  • 大東俊一 『九鬼周造と日本文化論』 梓出版社、1996年。
  • 坂部恵藤田正勝鷲田清一編 『九鬼周造の世界』 ミネルヴァ書房、2002年。
  • 北康利 『男爵九鬼隆一』 神戸新聞総合出版センター、2003年。
    • 増補版『九鬼と天心 明治のドン・ジュアンたち』 PHP研究所、2008年。
  • 村上嘉隆 『九鬼周造 偶然性の哲学』 教育報道社、2006年。
  • 小浜善信 『九鬼周造の哲学 漂泊の魂』 昭和堂、2006年。
  • 藤田正勝 『九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学』 講談社選書メチエ、2016年。
  • 『総特集・九鬼周造 現代思想青土社、2017年1月臨時増刊号(第四四巻・第二三号)、2016年12月。
  • 『特集九鬼周造 理想』理想社(第698号)、2017年3月。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 九鬼の写真と紹介(京都大学大学院文学研究科・文学部)
  2. ^ ハイデッガー全集第12巻『言葉への途上』、「言葉についての対話より」、創文社、1996年、など。
  3. ^ 岩波書店「九鬼周造略年譜」
  4. ^ http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/denshi/g_works/gw23_kuki.pdf
  5. ^ 京都大学大学院文学研究科・文学部思想家紹介「九鬼周造」
  6. ^ シモン・エベルソルト、「総特集・九鬼周造 主要著作ガイド『時間論』」、『現代思想』2017年1月臨時増刊号第四四巻第二三号、青土社、2016年、230頁。
  7. ^ シモン・エベルソルト、「総特集・九鬼周造 主要著作ガイド『時間論』」、『現代思想』2017年1月臨時増刊号第四四巻第二三号、青土社、2016年、230頁~231頁。

外部リンク[編集]