田中久文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 久文(たなか きゅうぶん、1952年9月 - )は、日本哲学者文学博士東京大学論文博士・1999年)(学位論文「九鬼周造の倫理学的研究」)。日本女子大学教授。専攻は倫理学日本思想史日本文化論

来歴[編集]

埼玉県生まれ。1976年東京大学倫理学科卒、同大学院博士課程修了[1]。1993年『九鬼周造』で中村元賞受賞、1999年に「九鬼周造の倫理学的研究」により文学博士(東京大学)の学位を取得。日本大学理工学部教授を経て、日本女子大学人間社会学部教授。

著書[編集]

  • 『九鬼周造 偶然と自然』ぺりかん社、1992年9月。ISBN 978-4-8315-0572-9 
  • 『日本の「哲学」を読み解く 「無」の時代を生きぬくために』 ちくま新書 2000.11
  • 丸山眞男を読みなおす』 講談社選書メチエ 2009.3
  • 『日本美を哲学する あはれ・幽玄・さび・いき』 青土社 2013.9
  • 象徴天皇を哲学する』 青土社 2018.8
  • 西田幾多郎作品社 2020.12

編著・共編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西田幾多郎”. 出版書誌データベース. 2020年1月22日閲覧。