大久保喬樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大久保 喬樹(おおくぼ たかき、1946年9月12日 - 2020年11月12日)は、日本の比較文学者。東京女子大学名誉教授。

来歴[編集]

茨城県生まれ。横浜で育つ。1969年、東京大学在学中に、『美術手帖』の創刊20周年記念懸賞評論に「ジャクソン・ポロック」で当選。1970年、東京大学教養学部フランス科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻修士課程進学。『美術手帖』のほか、高階秀爾遠山一行江藤淳らが主宰した『季刊藝術』、『音楽藝術』の他に、文藝誌『文藝』、『』に次々に音楽、美術評論を書き、早熟新進の評論家として注目を集める。

1971年秋から、パリ第3大学比較文学専攻に留学、『季刊藝術』編集長の古山高麗雄に、留学記を書かせてくれと申し出で、翌年始めから「問うことと見出すこと」の題で連載を始める。『新潮』1972年6月号には、「パリで川端康成の死を聞く」を掲載し、高等師範学校 (フランス)エコール・ノルマル・シュペリウール)で修士号を取得して74年6月、帰国。連載は『パリの静かな時』として刊行され、江藤淳の賞賛を受けた。東大大学院では修士号を取得せぬまま退学、江藤の下で東京工業大学助手を務めたのち、東京女子大学助教授を経て教授。2015年特任教授、2017年名誉教授。

文芸評論は次第に執筆しなくなったが、1989年に『岡倉天心』で第1回和辻哲郎文化賞受賞。

2020年11月12日、死去。74歳没[1]

人物[編集]

1976年12月、ヴァイオリニスト塩川悠子と結婚したが離婚した。

所属学会[編集]

  • 日本比較文学会
  • 日本近代文学会
  • 日本フランス文学会

著書[編集]

  • 『パリの静かな時』北洋社 1974
  • 『クリュニーの天使--美の幻』小沢書店 1975
  • 『楽興の時--ヨーロッパの手帖から』音楽之友社 1977
  • 『遠い声 遠い響』白水社 1978
  • 『夢と成熟--文学的西欧像の変貌』講談社 1979
  • 『岡倉天心--驚異的な光に満ちた空虚』小沢書店 1987
  • 『近代日本文学の源流 叢刊・日本の文学』新典社 1991
  • 『旅する時間--カナダ・ヨーロッパ・アメリカ文明と自然の遠近法』小沢書店 1993
  • 『森羅変容 近代日本文学と自然』小沢書店 1996
  • 『風流のヒント』小学館ライブラリー 2001
  • 『見出された「日本」-ロチからレヴィ=ストロースまで』平凡社選書 2001
  • 『日本文化論の系譜-「武士道」から「『甘え』の構造」まで』中公新書 2003
  • 川端康成美しい日本の私ミネルヴァ書房日本評伝選〉 2004
  • 『日本文化論の名著入門』角川選書 2008
  • 『洋行の時代-岩倉使節団から横光利一まで』中公新書 2008

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]