北康利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北 康利
(きた やすとし)
ペンネーム 司 亮一(つかさ りょういち)
誕生 (1960-12-24) 1960年12月24日(58歳)
愛知県名古屋市
職業 作家
最終学歴 東京大学法学部卒業
活動期間 1999年 -
ジャンル 人物伝、評伝
主題 安奈淳岡倉天心川本幸民九鬼隆一栗林忠道西郷隆盛白洲次郎白洲正子福澤諭吉松下幸之助安田善次郎吉田茂
代表作白洲次郎 占領を背負った男』(2005年)
主な受賞歴 山本七平賞(2005年)
デビュー作ABS投資入門』(1999年)
テンプレートを表示

北 康利(きた やすとし、1960年(昭和35年)12月24日 - )は日本の作家。100年経営の会顧問。日本将棋連盟アドバイザー。

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。大阪市立東我孫子中学校大阪府立天王寺高等学校東京大学法学部卒業後、富士銀行に入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長、業務企画部長等を経て、2008年(平成20年)6月、みずほ証券退職。本格的に文筆業に入る。2005年(平成17年)、『白洲次郎 占領を背負った男』で山本七平賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ABS投資入門』 シグマベイスキャピタル〈金融職人技シリーズ no.17〉、1999年4月。ISBN 4-916106-24-5
  • 『北摂三田の歴史』 六甲タイムス社、2000年8月。
  • 司亮一 『男爵(バロン) 九鬼隆一 明治のドン・ジュアンたち』 神戸新聞総合出版センター、2003年4月。ISBN 4-343-00223-3
    • 『九鬼と天心 明治のドン・ジュアンたち』 PHPエディターズ・グループ、2008年9月12日。ISBN 978-4-569-70225-4
  • 司亮一 『蘭学者 川本幸民 幕末の進取の息吹と共に』 神戸新聞総合出版センター、2004年7月。ISBN 4-343-00275-6
    • 『蘭学者 川本幸民 近代の扉を開いた万能科学者の生涯』 PHP研究所、2008年6月26日。ISBN 978-4-569-69963-9
  • 『白洲次郎 占領を背負った男』 講談社、2005年8月2日。ISBN 4-06-212967-1
    • 『白洲次郎 占領を背負った男』上、講談社〈講談社文庫〉、2008年12月12日。ISBN 978-4-06-276219-9
    • 『白洲次郎 占領を背負った男』下、講談社〈講談社文庫〉、2008年12月12日。ISBN 978-4-06-276260-1
  • 『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』 講談社、2007年3月29日。ISBN 978-4-06-213884-0
    • 『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』上、講談社〈講談社文庫〉、2010年2月13日。ISBN 978-4-06-276571-8
    • 『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』下、講談社〈講談社文庫〉、2010年2月13日。ISBN 978-4-06-276572-5
  • 『福沢諭吉 子どものための偉人伝』 PHP研究所、2007年12月20日。ISBN 978-4-569-68747-6
  • 『匠(たくみ)の国日本 職人は国の宝、国の礎(いしずえ)』 PHP研究所〈PHP新書〉、2008年1月15日。ISBN 978-4-569-69683-6
  • 『同行二人(どうぎょうににん) 松下幸之助と歩む旅』 PHP研究所、2008年3月24日。ISBN 978-4-569-69799-4
  • 『レジェンド 伝説の男 白洲次郎』 朝日新聞出版、2009年1月9日。ISBN 978-4-02-330296-9
    • 『レジェンド 伝説の男 白洲次郎』 朝日新聞出版〈朝日文庫 き20-1〉、2012年2月7日。ISBN 978-4-02-261716-3 - 北2009aの文庫化。「文庫版まえがき」を加筆。
  • 『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』 講談社、2009年5月2日。ISBN 978-4-06-214938-9
    • 『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』上、講談社〈講談社文庫 き56-5〉、2012年11月15日。ISBN 978-4-06-277408-6 - 2009年刊の分冊、加筆修正。
    • 『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』下、講談社〈講談社文庫 き56-6〉、2012年11月15日。ISBN 978-4-06-277409-3 - 2009年刊の分冊、加筆修正。文献あり 年譜あり。
  • 『吉田茂の見た夢 独立心なくして国家なし』 扶桑社、2010年5月22日。ISBN 978-4-594-06178-4
  • 『安奈淳物語 私は歌う、命ある限り』 PHP研究所、2010年5月28日。ISBN 978-4-569-77839-6
  • 『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』 新潮社、2010年7月23日。ISBN 978-4-10-326011-0
    • 『銀行王 安田善次郎 陰徳を積む』 新潮社〈新潮文庫 き-37-1〉、2013年6月1日。ISBN 978-4-10-127491-1 - 『陰徳を積む』(2010年刊)の改題。
  • 『松下幸之助 “経営の神様”に学ぶ、人生の無限の可能性』 ロングセラーズ〈北康利の伝記シリーズ 1 子どもに語りたくなる偉人伝〉、2011年10月。ISBN 978-4-8454-2217-3
  • 『名銀行家(バンカー)列伝 日本経済を支えた“公器”の系譜』 中央公論新社、2012年12月10日。ISBN 978-4-12-150438-8
  • 『西郷隆盛 命もいらず 名もいらず』 ワック、2013年5月28日。ISBN 978-4-89831-404-3
  • 『叛骨の宰相 岸信介』 KADOKAWA、2014年1月20日。ISBN 978-4-04-600141-2

共著[編集]

  • 北康利 述 「知とはイーグル・アイで考え、人と会って話を聞くこと」『知の現場』 知的生産の技術研究会 編、久恒啓一 監修、東洋経済新報社、2009年12月22日。ISBN 978-4-492-04361-5
  • 北康利 述 「戦後憲法はこうして生まれた。白洲次郎が見た占領下の日本」『日本史はこんなに面白い』 半藤一利 編著、文藝春秋〈文春文庫 は8-18〉、2010年12月10日。ISBN 978-4-16-748318-0
  • 『栗林忠道からの手紙 硫黄島指揮官がいま私たちに問いかける、「忘れられていた日本人という生き方」』 講談社、2007年8月1日。ISBN 978-4-06-378857-0 - 付録DVDに北康利「長野・松代――栗林忠道の生家を訪ねる」を収録。

論文[編集]

編著[編集]

CD[編集]

  • 『北 康利が語る 白洲次郎 信念を貫く生き方~敗戦日本の危機に立ち向かった男に学ぶ〜』 PHP研究所、2009年9月。ISBN 978-4-569-37718-6

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]