久恒啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久恒 啓一(ひさつね けいいち、1950年1月3日- )は、多摩大学副学長。研究開発機構長・多摩大学総合研究所長を兼務。宮城大学名誉教授。NPO法人知的生産の技術研究会理事長。日本未来学会理事。大いなる多摩学会副会長。

略歴[編集]

1950年大分県中津市生まれ。大分県立中津北高等学校卒業。九州大学法学部卒業。大学在学中は探検部で活動(キャプテン)する。「1970年、九州大二年の時に大学の探検部に入りました。前年は学生運動が激しく、五月に全学ストライキに突入してからずっと授業がない。価値観が崩れて何が正しいのかわからない中で、自分には「行動すること」が欠けている、と考えた上での選択でした。初めにやったのは食料係です。合宿の際、このチームなら一人当たりのコメは一・四合ぐらいでいいかなとか見積もる。そんな細かいことを実体験で覚えていくと、こなせる領域が広がり、装備などについても発言できるようになりました。三年になってキャプテンに選ばれました。山や島でどう安全を確保するか、リーダーシップはどうあるべきかといった点で、非常に多くのことを学びましたね。思い出深いのは返還前の沖縄・八重山群島に遠征し、民俗調査をしたことです」(河北新報2004年4月13日)。

1973年日本航空に入社。24年間にわたり装備工場、札幌空港支店、ロンドン空港、客室本部労務担当、広報課長、サービス委員会事務局次長などを歴任した。この間、30歳からNPO法人知的生産の技術研究会(知研)にも所属し、著作活動を開始する。最初の単著「図解の技術」(日本実業出版社)がきっかけとなった1997年の宮城大学教授への転身は、日本経済新聞のコラム「サラリーマン」で4回にわたり「教壇に立つ」というタイトルで取り上げられ話題になった。

宮城大学では11年間にわたり教授を務める。学生部長、キャリア開発室長、大学院研究科長、総合情報センター長、学長補佐を歴任。退任時には地元河北新報のコラム「河北抄」で、「ある大学の教授にコメントを求めたら、手厳しく叱責されたことがあった。奥深い学問の世界をちょっとのぞき見て、分かったような口を利く記者が気にいらなかったのか。不勉強をなじられた。そんな学究肌の先生も得難いが、今は市民に向かって分かりやすく情報発信できる教授が社会をリードする。宮城大学事業構想学部の教授を三月で退き多摩大学に転出する久恒啓一さんもそんな一人。図解コミュニケーションや自分史などユニークな話題を幾つも提供してもらった。忘れられないのが数年前、集団食中毒事件を起こした有名企業への提言書。学生らが会社の信頼回復の方策を独自にまとめたという面白い話だった。取材に行った時は、東京本社での説明会の日程がすでに決まっていた。地域や住民、企業に直言する学問。まさに「実学」を広め実践した十一年間だった。大学の仕事の質が一層問われる時代だ。「自分の仕事と社会がどうつながっているか理解することが最も大切。」先日の最終講義で久恒さんが話した。針路が見えない会社や自治体の人たちへの警句でもあろう。」という記事が出ている。

2008年に多摩大学教授に就任。学長室長、経営情報学部長を経て、副学長。「日本航空に就職し、大学教員として宮城大に移ってからも、僕は「社会派の探検」をしてきたと思っています。それは、新たな経験を積んで自分を育てるということ。削岩機で足元を掘りまくるような感じで、キャリア開発や地域活性化の問題に、新しい視点から取り組んできました。物事の関係を図でとらえる「図解コミュニケーション」も、そうした探検の成果です。自身の足元を一生懸命掘って生きるのは面白い。それを学生たちに伝えたいと、いつも考えています。」(河北新報2004年4月13日)

自ら創案した「図解コミュニケーション」分野の理論化と現実社会への応用を意識し[要出典]、四半世紀にわたりライフワークの「図解革命」に一貫して取り組んでいる。また、2005年から取り組んでいる「人物記念館の旅」は800館を超えており、人物論は「図解」に続く第二のライフワークとなっており、著作活動も始めている。

主な執筆分野は、図解思考・仕事術・人物論が中心で、総著作数は2017年末で142冊を数えている。2002年の「図で考える人は仕事ができる」、2010年の「図解で身につく! ドラッカーの理論」はベストセラーになった。企業・行政などでの講演や研修も多く、2017年現在で累計640回を数えている。

同郷人である福沢諭吉の言葉「今日も生涯の一日なり」を座右の銘としており、2004年以来毎日更新し続けているブログのタイトルにも使用している。このブログは2018年6月に連続記入5000日を超える。20代での英国ロンドン駐在の経験があり、大学生時代以来の渡航歴は40カ国以上にのぼっている。

郷里の中津市立小幡記念図書館には「久恒啓一著作コーナー」がある。また母校・中津北高校には「松下竜一著作コーナー」と並んで「久恒啓一著作コーナー」がある。

  • 1950年 大分県中津市生まれ。大分県立中津北高等学校卒業。1973.3 九州大学法学部政治専攻)卒業。
  • 1973.4 日本航空に入社。整備本部装備工場管理課配属(労務)。1975.12 日本航空札幌空港支店総務課(経理・施設)。1977.7 日本航空ロンドン空港支店(総務)。1978.9 日本航空国際客室乗員室(乗員整理)。1980.12 日本航空客室本部業務部(人員計画・労務)。1985.12 日本航空広報部(マスコミ対策・企業広報誌・社内広報)。1989.12 日本航空広報部課長(企業広報・社内広報・社会貢献)。1992.2-1994.11 日本航空サービス委員会事務局課長(CSによる経営革新)。1994.5-1995.9 日本航空業務改革委員会事務局(リエンジニアリング)。1994.12-1997.3 日本航空サービス委員会事務局次長。
  • 1997.4 宮城大学看護学部教授。1998.4-2008.3 宮城大学事業構想学部教授。1998.4-2001.3 宮城大学学生部長。2000.6-2001.9 宮城大学キャリア開発室長。2001.4-2008.3 宮城大学大学院事業構想学研究科教授。2003.4-2005.3 宮城大学大学院事業構想学研究科長。2004年- 吉林大学客員教授。2006.4-2008.3 宮城大学総合情報センター長。2007.4-2008.3 宮城大学学長補佐。
  • 2008.4  多摩大学経営情報学部教授・大学院経営情報学研究科教授。2009.2-2012.3 多摩大学学長室長。2009.4-2012.3、2014.4- 多摩大学総合研究所長(現在に至る)。2010.2-2012.3 多摩大学地域活性化マネジメントセンター副所長。2012.4-2017.3 多摩大学経営情報学部長。2015.4- 多摩大学副学長(現在に至る)。2016.4- 多摩大学研究開発機構長(現在に至る)。

著作[編集]

  • 『コミュニケーションのための図解の技術 企画力とプレゼンテーション能力アップのための「知的生産術」』日本実業出版社 1990
  • 『自分をクリエイトする「入門」知的生産の技術』大和出版 1995
  • 『図解の技術・表現の技術 知的生産のためのヴィジュアル情報学入門』ダイヤモンド社 1997 達人ブックス
  • 『大胆図解・日本の白書』同文館 1999
  • 『企画とプレゼンテーションのための描ける!ビジネス図解。』同文舘出版 2000
  • 『自分を高めるインターネット勉強法』ロングセラーズ 2001
  • 『図解仕事人』2001 光文社新書
  • 『自作ホームページ超活用法 図で表現する人は仕事ができる!』ロングセラーズ 2002 <ムック>の本
  • 『図で考える人の図解表現の技術 思考力と発想力を鍛える20講』日本経済新聞社 2002
  • 『図で考える人は仕事ができる』日本経済新聞社 2002 のち文庫 
  • 『仕事と人生で成功する人の図で考える習慣』幻冬舎 2003
  • 『仕事力を高める方法は「図」がすべて教えてくれる!』PHP研究所 2003
  • 『図解人生がうまくいく人は図で考える』三笠書房 2003
  • 『図解で考える40歳からのライフデザイン 10年単位の人生計画の立て方』2003 講談社+α新書
  • 『図で考える人の「実践」知的生産の技術』大和出版 2003
  • 『図で考える人は仕事ができる 実践編』日本経済新聞社 2003
  • 『できる人になるには勉強してはいけない! "職人ビジネスマン"のすすめ』青春出版社 2003
  • 『凡才・久恒流誰でもできる「仕事革命」』すばる舎 2003
  • 『頭のいい子は図で育つ』全日出版 2004
  • 『実戦!仕事力を高める図解の技術』ダイヤモンド社 2004
  • 『図解で実践タイムマネジメント プロジェクトも自分の人生も鳥瞰することで成功の鍵が見えてくる』アスキー 2004 知的生産のツールシリーズ
  • 『図解で作るホームページ活用術 個人サイトをナレッジマネジメントツールとして活用』アスキー 2004 知的生産のツールシリーズ
  • 『図で読み解く!ドラッカー理論 久恒流』かんき出版 2004 「図解で身につく!ドラッカーの理論」中経の文庫  
  • 『見晴らしを良くすれば仕事は絶対にうまくいく! 「久恒流」図解ビジネス発想法』実業之日本社 2004
  • 『合意術 「深掘り型」問題解決のすすめ』日本経済新聞社 2005
  • 『図考プレゼン実践の極意 Visioでマスターする』アスキー 2005
  • 『図で考えれば文章がうまくなる 「図解文章法」のすすめ』PHP研究所 2005 のち文庫 
  • 『必ず目標を実現する「鳥の目」手帳術』日本実業出版社 2006
  • 『通勤電車で寝てはいけない!』三笠書房 2006 「通勤時間「超」活用術」知的生きかた文庫
  • 『残業はするな、「前業」をせよ! 朝のスタートダッシュで人生が決まる』大和書房 2007 のち文庫 
  • 『図解今の日本がひと目でわかる! どうしても知っておきたい!社会人の常識』三笠書房 2007
  • 「図で考える」ことができる人、できない人 仕事と人生を変える思考技術トレーニング66題』PHP研究所 2007
  • 『仕事は頭でするな、身体でせよ! 一気に成長する人は、動き出してから考える』大和書房 2008
  • 『仕事は「日曜の夜」から始めなさい! 一歩抜きん出るためのスピード仕事術』廣済堂出版 2008
  • 『勉強はやめて、けもの道を走ろう!』ビジネス社 2008
  • 『あなたの人生が上手くいく7つの「成功法則」』三笠書房 2009
  • 『志 混迷の時代道をひらく言葉130』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009 『人生の道を拓く言葉130 偉業をなしとげた人々の「志」』日経ビジネス人文庫
  • 『スッキリ考え、1秒で説得図解の極意 PowerPoint/Word/Excelで自由自在 Microsoft Office 2003対応』アスキー・メディアワークス 2009 ビジネス極意シリーズ
  • 『図解資本論』マルクス 原著 ; 久恒啓一 編著 イースト・プレス 2009
  • 『タテの会議ヨコの会議 時間半減、生産性倍増の実践ノウハウ』ダイヤモンド社 2009
  • 『30歳からの人生リセット術 悔いなく生きるために』2010 創元社ビジネス
  • 『遅咲き偉人伝 人生後半に輝いた日本人』PHPエディターズ・グループ 2010
  • 『問題がすっきり解決!図解思考の本』PHP研究所 2010
  • 『書くだけで人生が好転する妄想ノート』2012 成美文庫
  • 『図で考える技術が身につくトレーニング30 = 30 trainings to develop the skill to think by drawing Zukai』ユーキャン学び出版 2012
  • 『30代からの人生戦略は「図」で考える!』2012 PHP研究所
  • 『日本一わかりやすい 図解日本史』2014 PHP研究所
  • 『40文字でわかる! 知っておきたいビジネス理論』2014PHP研究所
  • 『団塊坊ちゃん青春記』2017 多摩大出版会
  • 『万葉歌の世界』2017監修 日本地域社会研究所
  • 『偉人の命日366名言集』2017 日本地域社会研究所
  • 『偉人の誕生日366名言集』2018 日本地域社会研究所
  • 『100年人生の生き方死に方』2018 さくら舎

共著[編集]

  • 『図解自分伝説V 就職・転職に成功するキャリア戦略』沼田芳夫共著 アイキューブ 1999 適職発見book
  • 『能率手帳でえがくビジネス自分史』キャリアサポート研究会共著 日本能率協会マネジメントセンター 1999
  • 『図解・「年金不安」がたちまちなくなる本 「人生の予算書」を作れば大丈夫! 平成16年版』豊田眞弓共著 PHP研究所 2004
  • 『伝える力 各界トップランナーが講師をつとめる自己表現の教室』知的生産の技術研究会共編 すばる舎 2004
  • 『「あの人イヤだ!」と言う前によい人間関係をつくる「心の習慣」』和泉育子共著 全日出版 2005
  • 『図解世界の名著がわかる本』図考スタジオ共著 三笠書房 2007 「図解でわかる!難解な世界の名著のなかみ」中経の文庫
  • 『図解vs文章 ビジネスにはどちらが強い?どちらが役立つ?』樋口裕一共著 プレジデント社 2008 ピンポイント選書
  • 『対話力』樋口裕一共著 2009 中公新書ラクレ

電子書籍[編集]

  • 図解 人生がうまくいく人は図で考える(UNITED BOOKS 2013)
  • 図で考えることができる人、できない人(PHP研究所 2012)
  • 通勤時間「超」活用術 電車の中編 始業前編(カードブック版)(UNITED BOOKS 2012)
  • 伝える力 聞く力・考える力(カードブック版)(UNITED BOOKS 2012)
  • 問題がすっきり解決!図解思考の本(PHP研究所 2012)
  • 図で考えれば文章がうまくなる(PHP研究所 2012)
  • 図解で身につく!ドラッカーの理論(中経出版 2011)
  • 知の現場(東洋経済新報社 2009)

ソフト[編集]

  • 図解作成ソフト図解マスター(ジャストシステム 2005)(監修)
  • 「自分伝説V」CD-ROM (1999)(共同監修)
  • 自分傳説 CD-ROM (ナムコ,1999)(共同監修)

ビデオ/DVD[編集]

  • 企画・プレゼンに活かす図解表現の技術(DVD) (日本経済新聞社,2006)(監修)
  • ヒット企画の技術(ビデオ)全2巻 (日本経済新聞社,1990)(共同監修)

海外での自著の翻訳出版[編集]

  • 30歳からの人生リセット術(韓国、2013)
  • 図で読み解く! ドラッカー理論 (電子工業出版社(中国),2009)
  • 図で読み解く! ドラッカー理論 (RandomHouse(韓国),2009)
  • 図考プレゼン実践の極意 (博碩文化(台湾),2006.6)
  • 図で考える人の[実践]知的生産の技術 (EMORNINGPUB(韓国),2006.5)
  • 図解で考える40歳からのライフデザイン (講談社+α新書(韓国),2005.11)
  • 図で読み解く!ドラッカー理論 ((台湾)2005.11)
  • 実戦!仕事力を高める図解の技術 (ダイヤモンド社(韓国),2004.11)
  • VisualThinking(「図で考える人の図解表現の技術」) (日本経済新聞社(韓国),2004)
  • できる人になるには勉強してはいけない! (青春出版社(韓国),2004.8)
  • 図で考える人は仕事ができる (designhouse(韓国),2003)
  • 図形思考 (商周出版(台湾),2003.01)
  • 新知識誕生的奥秘 (台湾)

脚注[編集]

外部リンク[編集]