澤瀉久敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澤瀉 久敬(おもだか ひさゆき、1904年8月7日 - 1995年2月26日)は、フランス哲学者。大阪大学名誉教授

来歴[編集]

三重県伊勢市生まれ。国文学者・澤瀉久孝は実兄。1929年、京都帝国大学文学部哲学科卒、九鬼周造に師事。1935年、フランス政府招聘留学生として渡仏。1938年、京都帝大講師、1941年、大阪帝国大学講師、1954年、大阪大学文学部教授。1960年「医学概論」で大阪大学より医学博士

1968年、定年退官し名誉教授、南山大学教授。1986年、日本学士院会員。

ベルクソンを学び、哲学と医学を結びつけ、独自の学問領域を開拓した。著書『「自分で考える」ということ』はロングセラーとなった。

著書[編集]

  • メーヌ・ド・ビラン 西哲叢書』弘文堂 1936
  • 『医学概論 第1部』創元社 1945
    • 新版『― 科学について』誠信書房 1960, 新版2000。オンデマンド版2016
  • 『仏蘭西哲学研究』創元社 1947
  • 『医学概論 第2部』創元社 1949
    • 新版『― 生命について』誠信書房 1960。オンデマンド版2007
  • 『医学と哲学』創元社 1950
    • 新版『医学の哲学』誠信書房 1964, 増補版1981。オンデマンド版2007
  • デカルト弘文堂<アテネ文庫> 1950
  • 『科学入門 ベルグソンの立場に立つて』角川新書 1955
  • 『哲学と科学 十三のコーズリ』宝文館 1957
  • 『医学概論 第3部』東京創元社 1959
    • 新版『― 医学について』誠信書房 1960。オンデマンド版2007
  • 『「自分で考える」ということ』文藝春秋新社 1961, 角川文庫 1963, 新版1981。レグルス文庫(増補版), 1991
  • 『医学と生命』東京大学出版会[UP選書] 1967
  • 『哲学と科学』日本放送出版協会NHKブックス] 1967
  • 『考えるということ』雄渾社 1968
  • 『ベルクソンの科学論』学芸書房 1968, 中公文庫 1979
  • 『医の倫理 医学講演集』誠信書房, 1971。オンデマンド版2007
  • 『個性について』第三文明社[レグルス文庫] 1972
  • 『健康を考える』第三文明社[レグルス文庫] 1976
  • 『形』中央公論社 1978。主に鉛筆画集
  • 『健康について』聖教新聞社 1980。講演冊子
  • 『わが師わが友 その思想と生き方』経済往来社 1984
  • 『医学概論とは』誠信書房 1987
  • アンリ・ベルクソン中公文庫 1987
  • 『神道随想』皇學館大学出版部 1988

編著[編集]

  • 『ベルグソン研究』坂田徳男共編、勁草書房 1961, 新版1981
  • 『現代フランス哲学』雄渾社 1968
  • 世界の名著53 ベルクソン』中央公論社 1969。のち中公バックス(責任編集)
  • 『続・現代フランス哲学』雄渾社 1970
  • 『フランスの哲学』東京大学出版会 1975
    • 1 理性は死んだか、2 生命を探る、3 現代を生きる