千葉雅也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉 雅也
生誕 (1978-12-14) 1978年12月14日(44歳)
日本の旗 日本 栃木県宇都宮市
公式サイト masayachiba.tumblr.com
テンプレートを表示

千葉 雅也(ちば まさや、1978年12月14日 - )は、日本哲学者小説家

研究分野は、哲学および表象文化論学位は、博士(学術)東京大学課程博士[1]2012年)。立命館大学大学院先端総合学術研究科、同大学衣笠総合研究機構生存学研究所教授。芸術やファッション、現代を論じる。

著作に『動きすぎてはいけない』(2013年)、『別のしかたでーツイッター哲学』(2014年)、『勉強の哲学』(2017年)など。

経歴[編集]

略歴[編集]

学会[編集]

賞・候補歴[編集]

  • 2013年 - 第4回紀伊國屋じんぶん大賞2013「大賞」(『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』に対して)[5]
  • 2014年 - 第5回表象文化論学会賞(『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』に対して)[6]
  • 2019年 - 第41回野間文芸新人賞(『デッドライン』)
  • 2019年 - 第162回芥川龍之介賞候補(『デッドライン』)
  • 2020年 - 第33回三島由紀夫賞候補(『デッドライン』)
  • 2021年 - 第45回川端康成文学賞(「マジックミラー」)
  • 2021年 - 第165回芥川龍之介賞候補(「オーバーヒート」)

専門[編集]

学生時代から大陸哲学、特にフランス現代哲学を専門的に研究し、東京大学修士論文、パリ第10大学Master2論文、東京大学博士論文に至るまで、一貫してジル・ドゥルーズの哲学をメインテーマとしている。また、カンタン・メイヤスーの主著『有限性の後で』の翻訳にかかわるなど、思弁的実在論と呼ばれる哲学運動の日本への紹介者の一人としても知られる。形而上学存在論美学倫理学精神分析学セクシャリティの哲学などの分野にかかわり、さらには英語圏分析哲学系の諸理論に架橋する幅広い研究を行っている。

ギャル男ファッションの表象文化論的研究も行なっており、自身もギャル男ファッションを身にまとっていることが多い[7]

影響[編集]

東京大学教養学部超域文化科学科及び同大学院総合文化研究科修士課程では中島隆博、博士課程では小林康夫に師事する。後に初の単著哲学書『動きすぎてはいけない』として刊行されることとなった博士論文「ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学」においては、主査を小林康夫が、副査を小泉義之高橋哲哉中島隆博松浦寿輝らが務めた[8][2]。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在学中にフランスのパリ第10大学大学院哲学科、およびパリ高等師範学校に留学。パリ第10大学大学院哲学科ではカトリーヌ・マラブーに師事。帰国後、東京大学「共生のための国際哲学教育研究センター」をベースに、哲学者・批評家としての本格的な活動を開始する。日本学術振興会特別研究員としては、東京大学大学院人文社会系研究科准教授鈴木泉に師事した。

『動きすぎてはいけない』(博士論文「ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学」)は、東浩紀(『存在論的、郵便的』など)及び浅田彰(『構造と力』や『逃走論』など)から強い影響を受けている。『動きすぎてはいけない』のあとがきにおいて、自らの研究はその二人の研究成果に導かれたものだとしている[9]

千葉は、東京大学教養学部及び総合文化研究科修士課程において指導教官であった哲学者中島隆博を「大恩人」といい[10]、「学界の系譜としては、まず中島隆博の弟子という自己認識をもっています」と述べている[11]。論文タイトルの付け方として、「対象テクストにおいて特権的に注目されるイディオムをひとつ抜き出し、それを論文のメインタイトルに掲げ……」「説明はサブタイトルで補う」という方法も、中島へのオマージュであるという[12][13][14]。千葉は自身の書き物について、かつて中島が大学院生時代以降(特に1990年以降)に若手研究者として『中国哲学研究』(東京大学中国哲学研究会刊行の学術雑誌)に書いていた諸論文への「返歌」として書いている面があるとも述べている[15]

近代日本の哲学者では、九鬼周造を尊敬しているという[16]。留学後に九鬼がある種のクールジャパン論として『「いき」の構造』を著したことについては、同じく留学後にギャル男論を著した自らの経験と重ね「他人事とは思えない」と述べている[17]。九鬼の主著『偶然性の問題』において展開される形而上学体系については、九鬼の思弁的な極まりにおけるカンタン・メイヤスーのとの類似性を指摘した上で、マクロに考えるメイヤスーと、ミクロロジー的である九鬼の哲学の違いを指摘し、「九鬼の哲学とは、邂逅の、出会いの、逢い引きのミクロロジーである」としている[18]

また、自身の哲学研究活動に「人生論的転回」を引き起こした哲学者は特に中島隆博小泉義之であるとし、その「人生論的転回」とは「凡百のヒューマニズムを批判しながら、それでも人生の機微を考えるということ」であるとしている[19]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、河出書房新社、2013年、のち河出文庫、2017年
  • 『別のしかたで:ツイッター哲学』、河出書房新社、2014年
  • 『勉強の哲学:来たるべきバカのために』、文藝春秋、2017年
  • 『メイキング・オブ・勉強の哲学』、文藝春秋、2018年
  • 『意味がない無意味』、河出書房新社、2018年
  • 『アメリカ紀行』、文藝春秋、2019年
  • 『デッドライン』、新潮社、2019年 - 小説作品
  • 『オーバーヒート』、新潮社、2021年 - 小説作品。短編「マジックミラー」を収録。
  • 『現代思想入門』、講談社現代新書、2022年

監修[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学位論文要旨、学位種別「課程博士」、報告番号「甲27653」
  2. ^ a b 学位論文要旨
  3. ^ researchmap千葉雅也
  4. ^ 千葉 雅也 (ちば まさや)”. utcp.c.u-tokyo.ac.jp. utcp.c.u-tokyo.ac.jp (2012年3月22日). 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ 紀伊國屋じんぶん大賞2013
  6. ^ 第5回表象文化論学会賞
  7. ^ 【論壇女子部が行く!(2)】 千葉雅也(上)――自分が楽しいということを譲らない”. astand.asahi.com. astand.asahi.com (2012年3月22日). 2020年11月3日閲覧。
  8. ^ 千葉雅也、『動きすぎてはいけない』、河出書房新社、2013年、368頁、「あとがき」。
  9. ^ 千葉雅也、『動きすぎてはいけない』、河出書房新社、2013年、369頁。
  10. ^ Twitter千葉雅也2009年12月10日1:54
  11. ^ Twitter千葉雅也2016年9月25日0:17
  12. ^ Twitter千葉雅也2013年7月3日23:13
  13. ^ Twitter千葉雅也2013年10月30日21:34
  14. ^ Twitter千葉雅也2015年10月20日1:20
  15. ^ Twitter千葉雅也2016年9月25日0:27
  16. ^ Twitter千葉雅也2012年10月22日 - 1:16
  17. ^ Twitter千葉雅也2016年11月16日0:10
  18. ^ 千葉雅也、「此性をもつ無――メイヤスーから九鬼周造へ」、『現代思想』2017年1月臨時増刊号第四四巻第二三号、青土社、2016年、70~73頁、引用部分は72頁。
  19. ^ Twitter千葉雅也2012年8月7日9:58

外部リンク[編集]