進歩的文化人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

進歩的文化人(しんぽてきぶんかじん)とは、主に進歩主義的な文化人を指す用語である。対比語は「保守的文化人」。

概要[編集]

明確な定義は無いが、保守主義の立場からは「リベラル」や「良心的勢力」などと近い意味で使用される場合も多く、この場合竹内好のように反進歩主義と目される論者すら含まれる場合もある。

竹内洋によれば、進歩の先にソ連や中国の社会主義国を想定していたため、日本社会党又は日本共産党応援団として、反自民党・保守派の立ち位置をとり、護憲平和非武装中立戦後民主主義の擁護などを唱えた学者や作家、芸術家などを指した呼称である。英語では socialist intellectuals社会主義的な知識人)となり、1948年から1980年代までの論壇を独占し、岩波茂雄亡き後の吉野源三郎社長時代から、岩波書店世界朝日新聞社を中心に、日本に強い影響を与えた[1]

批判[編集]

日本における「進歩的文化人」に対する過去の主な批判者には、保守派の福田恆存西部邁小室直樹などがいた。保守派のほかにも、全共闘をはじめとする日本の新左翼が進歩的文化人を激しく批判している。また、吉本隆明は独自の立場から進歩的文化人を批判した。

「進歩的文化人」は三里塚闘争等各種住民運動に参加・支援をしていた。一方、三里塚闘争で活動をしていた地元住民は、「進歩的文化人」は実力闘争の魅力に魅せられてどっぷりとはまり込み、その多くがただ「空港絶対反対」と言うのみで闘争解決の斡旋や仲介役を果たそうとしなかったと批判している[2]

参考文献[編集]

  • 稲垣武 『「悪魔祓い」の戦後史――進歩的文化人の言論と責任』 文藝春秋、1994年8月。ISBN 4-16-349170-8
    • 稲垣武 『「悪魔祓い」の戦後史――進歩的文化人の言論と責任』 文藝春秋〈文春文庫〉、1997年8月。ISBN 4-16-736504-9
  • 「進歩的文化人」(臼井吉見奥武則『あたりまえのこと』所収 1957年、新潮社
  • 奥武則 『論壇の戦後史 1945-1970』 平凡社〈平凡社新書〉、2007年5月。ISBN 978-4-582-85373-5
  • 『1970年の進歩的文化人』 思想運動研究所編、全貌社1968年
  • 『進歩的文化人――学者先生戦前戦後言質集』 全貌社『全貌』編集部編、全貌社、1957年
    • 『進歩的文化人』 思想運動研究所編、全貌社、1965年、新版。
  • 竹内洋 『丸山眞男の時代――大学・知識人・ジャーナリズム』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年11月。ISBN 4-12-101820-6
  • 谷沢永一 『悪魔の思想――「進歩的文化人」という名の国賊12人』 クレスト社、1996年3月。ISBN 4-87712-037-8
    • 谷沢永一 『反日的日本人の思想――国民を誤導した12人への告発状』 PHP研究所〈PHP文庫〉、1999年10月。ISBN 4-569-57327-4 - 「悪魔の思想」の改題。
    • 谷沢永一 『自虐史観もうやめたい!――反日的日本人への告発状』 ワック〈WAC bunko〉、2005年6月。ISBN 4-89831-532-1 - 「悪魔の思想」の新版。
  • 森田実 『進歩的文化人の研究――体験的戦後史レポート』 サンケイ出版、1978年11月。

脚注[編集]

  1. ^ 竹内洋. “左翼キャスター・コメンテーター 進歩的文化人の後裔は限りなく軽い”. ironna(産経新聞社). http://ironna.jp/article/2094?p=1 
  2. ^ 伊藤睦 編『三里塚燃ゆ―北総台地の農民魂』平原社、2017年、129頁

関連項目[編集]