護憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

護憲(ごけん)には以下の意味がある。

  1. 立憲政治を擁護すること
  2. 憲法を擁護すること

ここでは、上記のいずれについても記述する。

1の概要[編集]

立憲政治を擁護する主張ないしは政治的立場のこと。詳細は用語の使用者などが主張する立憲政治の内容によって異なり、以下のような例がある。

  • 議会の過半数を制した政党が政府を組織すべきだとして議会制民主主義の実現を訴える主張、政治的立場のこと。日本の政治状況に言及する場合であれば、大正時代の護憲運動など過去についての記載で使用される用語である。現在日本では首相指名選挙衆議院議員の多数が投票した者が首相となって政府を構成する制度的保証があるため、現在日本の政治状況・政党の立場についてこの意味での「護憲」の用語を使用することは通常ない。
  • 立憲政治を行うためには君主制を廃止する必要があるとする主張を前提として天皇制廃止を訴える立場のこと。天皇制廃止論者でなければ護憲派とはいえないと主張する論者もある[1]。(天皇制廃止の手段として憲法の改正を主張する者は、ここで言う意味の護憲派であり、かつ改憲派でもあることになる。)

2の概要[編集]

憲法を擁護することであるが、現在日本では「日本国憲法の条文の全てについて変更するべきではない」とする主張ないし政治的立場のことを指す。

現在、国会に議席を有する日本共産党社会民主党左派革新政党日本国憲法第9条を前面に出して日本国憲法を一部を除いて維持する立場を取っていること、国会に議席を有する自由民主党日本維新の会日本のこころなどの保守政党が憲法9条を含む日本国憲法の改正案を提案したりしていることから、現在の日本では左派・革新的な立場が「護憲」派で、保守的な立場が「改憲」派とされるが、憲法9条に限っては、1970年~1980年代には日本共産党が国民の合意を前提としつつ、憲法改正による最低限の軍備保有を方針とした時期があり[2]、また第1章の象徴天皇についても共産党は廃止して共和制に移行する立場をとっているなど、必ずしも保革の思想と護憲・改憲は一対一で結びつくものではない。

脚注[編集]

  1. ^ 山口泉 『週刊金曜日』 2007年1月26日号「「戦後」の欺瞞に寄生する“知的”(?)スノビズム」
  2. ^ 「MSN産経ニュース」 2012.9.30 17:10 『(9)政治評論家・筆坂秀世氏 「共産党は一貫した護憲勢力」か』、「JBPRESS」2014.10.6『左翼はなぜ力を失ったのか』

関連項目[編集]