自共共闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

自共共闘(じきょうきょうとう)は、自由民主党日本共産党の共闘による選挙運動政権運営のことである。

概要[編集]

保守政党である自由民主党と革新政党である日本共産党は国政では外交安保政策等の開きが大きい為、連立政権や政策合意は殆どなく、地方政界でもオール与党体制など共産党を外した市政・県政運営が常態化している。55年体制下でも京都市長舩橋求己神戸市長の宮崎辰雄のように自民党と共産党を含む日本社会党など他党が相乗りした例も非常に稀だった[1]2000年代以降も、自民党対民主党の構図になる首長選挙でも共産党は独自候補を立て、他党と共闘することはほとんど見られなかった。しかしながら現在は民進党社民党等との共闘を進めている。

一方で、地方政界における独自の「お国事情」により、自民党と共産党の共闘が見られることもある。全国初の例としては1995年高松市の市長選挙がある。脇信男市長[2]の下で助役を務めていた増田昌三が市政継承のため、異例の自共共闘により当選している。

かつては、岩手県大阪府など非共産系野党勢力が強く自民党が比較的弱い地域で共闘関係が成立することが多かった。しかし、現在は岩手県でも小沢一郎(現自由党党首)と共闘している(2017年の総選挙では共産党は小沢を支援した)。

一方、自民党と国政で連立与党を組む公明党は共産党との共闘を行っていない。共産党と意見が一致する場合でも下記のように別行動をとっている。

各地域の実例[編集]

岩手県[編集]

特に特徴的であるのは2003年陸前高田市の市長選である。この選挙では、共産党所属の市議であった中里長門が自民党系会派である爽風会の支援を受け、自由党(当時、のち民主党)系で5選を目指していた現職の菅野俊吾を破り初当選を果たした[3]。陸前高田市のある岩手県は当時は「小沢王国」と呼ばれるほど小沢一郎の影響が強く、当時小沢の所属していた自由党が強い土地柄であり、岩手3区(当時、2017年の区割り変更前の選挙区)の黄川田徹は陸前高田市が地盤だった。当時、市は「タラソテラピー施設」を計画しており、その計画の是非が争点であったが、「反小沢」という旗印のもとに自共共闘による市長の誕生として話題になった。2011年に選出された自民党市議・副市長だった戸羽太も自共共闘により選挙戦に勝利している。

同じ岩手県内では2014年花巻市長選挙でも、「反小沢」により自民党・社会民主党に加え、民主党を離党した平野達男参議院議員や共産党の支援を受けた上田東一が現職の大石満雄を破り当選している。花巻市は小沢一郎の選挙区(岩手4区、当時、現在は岩手3区)であったため、次の岩手県知事選挙の前哨戦とも見られていた[4](翌年の岩手県知事選挙は現職の達増拓也無投票当選)。

大阪府[編集]

大阪府においても、2010年代以降の日本維新の会旧・日本維新の会維新の党→おおさか維新の会、大阪府総支部である大阪維新の会を含む)の台頭により、自民党と共産党が共闘する事例が増えている。

2011年大阪市長選挙では、民主党・自民党に加え共産党から支援を受けた現職の平松邦夫と、大阪維新の会代表で、大阪府知事からの異例の転出により立候補した橋下徹による選挙戦となった。この選挙では「独裁的」と批判される橋下の政治姿勢のあり方や、『大阪市と大阪府の統合による大阪都構想』『教育基本条例案』『職員基本条例案』が争点となり、「既存政党」対「大阪維新の会」という構図となった[5]。この選挙戦は橋下が勝利しており、既存政党への不信が橋下の勝利につながったという分析もある[6]

2013年堺市長選挙では、民主党推薦、自民党支持に加え、共産党と社民党の自主支援を受けた現職の竹山修身が、堺市の「大阪都構想」への参加を主張する大阪維新の会公認の新人候補である西林克敏を破り、自共共闘を成功させた[7][8]

2015年大阪都構想の賛否を問う大阪市の住民投票では都構想を提唱した大阪維新の会(賛成)に対し、同構想に反対する自民、共産両党の他、同じく反対の民主党[9][10]と住民投票には賛成した公明党も反対に加わり[11]、投票の結果、反対が賛成を上回り都構想は否決された[12][13][14]

2015年の統一地方選挙では、大阪府下の八尾市吹田市寝屋川市の3市長選挙において、日本共産党は反維新候補の共倒れを避けるため独自候補を擁立せず、自民党が推薦する候補を支援した[15][16][17]

2015年大阪市長選挙では、大阪維新の会が公認した橋下徹の後継者の吉村洋文(元衆院議員)に対し、自民党が推薦した元大阪市議の柳本顕を日本共産党と民主党が支援[18][19]したが、選挙の結果、吉村が当選、柳本は落選した。

また、大阪市長選挙と同時に行われた大阪府知事選挙でも大阪維新の会公認の現職の松井一郎に対し、自民党は元府議の栗原貴子を推薦。これに日本共産党と民主党が栗原を支援したが、選挙の結果、松井が再選、栗原は落選した。

2017年堺市長選挙では、自民党・民進党・社民党・日本のこころの推薦と共産党の自主支援を受けた現職の竹山修身が、大阪維新の会公認の新人候補である永藤英機を破り三選した[20][21]

愛知県[編集]

2017年名古屋市長選挙では、2期8年を満了し、自身が代表を務める地域政党・減税日本が推薦する河村たかしが立候補し、河村と議会運営をめぐって対立した自民・民進の市議や共産党などで構成される「革新市民の会」、社民の愛知県連が支持を表明した元副市長の岩城正光が対決する構図となった。維新の会と、反維新派である自民や共産などの主要政党とが全面的に争う大阪府下の選挙戦に比べ、河村と岩城は比較的弱い政党色で選挙に挑んだ。選挙の結果、河村が当選し、3期目を務めることになった。

脚注[編集]

  1. ^ 川口徹「1975年の非核神戸方式を巡る中央地方関係」、『社学評論集』第16号、早稲田大学科学総合芸術院、2010年9月
  2. ^ 脇市政は当初社共共闘であったが、後に民社党公明党・自民党が加わりオール与党体制となっている。
  3. ^ 岩手・陸前高田に共産党員市長誕生 福祉・くらし重視 わかりやすい政策 市民が勇気もって投票 しんぶん赤旗
  4. ^ 河北新報 東北のニュース/反小沢、来秋の知事選左右?超党派支援で新人当選の花巻市長選
  5. ^ 国政与党国民新党と、野党みんなの党からも支持を受けている。
  6. ^ 既成政党不信 「大阪現象」の底流探れ(11月30日) 北海道新聞社説
  7. ^ 【堺市長選】「橋下維新」敗れる 現職・竹山氏の当選確実(MSN産経ニュース)
  8. ^ 堺市長選・竹山氏が当選市民共同で画期的勝利維新の野望に党派超え連携(しんぶん赤旗)
  9. ^ 決戦まであと1週間党存亡かけた維新に焦りも自民は禁断の共産、民主と共闘 産経新聞 2015年5月19日閲覧
  10. ^ 大阪市住民投票で「反対」を自民・民主・共産党が合同街頭演説 しんぶん赤旗 2015年5月19日閲覧
  11. ^ 勝負あったか 公明党が「反都構想」に転じて“橋下包囲網”完成 日刊ゲンダイ 2015年5月19日閲覧
  12. ^ 大阪都構想否決:維新、存続の危機 毎日新聞 2015年5月19日閲覧
  13. ^ 住民投票の結果を受けて 自由民主党大阪府支部連合会
  14. ^ 大阪市の住民投票の結果について 日本共産党大阪府委員会
  15. ^ いっせい地方選挙後半戦の結果について 日本共産党大阪府委員会
  16. ^ 大阪)吹田市長に自公推薦の後藤氏 朝日新聞
  17. ^ 共産党が推薦・支持・支援する区市町村長選の候補者 日本共産党
  18. ^ “共産党が自民党市議の柳本氏支援を決定 11月の大阪市長選”. 産経新聞. (2015年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/151003/plt1510030023-n1.html 2015年11月17日閲覧。 
  19. ^ “民主党大阪府連、自民推薦候補を支援 ダブル選”. 朝日新聞. (2015年10月25日). http://www.asahi.com/articles/ASHBS6QRXHBSPTIL012.html 2015年11月17日閲覧。 
  20. ^ “維新連敗、現職3選=都構想に影響も-堺市長選”. 時事通信. (2017年9月24日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017092400570&g=pol 2017年10月1日閲覧。 
  21. ^ “堺市長選、現職の竹山氏3選 維新2連敗、総選挙に影響”. 朝日新聞. (2017年9月24日). http://www.asahi.com/articles/ASK9R0C99K9QPPTB00H.html 2017年10月1日閲覧。 

関連項目[編集]