田中誠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 誠太
たなか せいた
生年月日 (1956-12-04) 1956年12月4日(64歳)
出生地 大阪府八尾市
出身校 近畿大学商経学部経営学科
所属政党日本社会党→)
民主党→)
無所属
公式サイト 田中誠太オフィシャルWEBサイト

当選回数 3回
在任期間 2007年5月1日 - 2019年4月30日

選挙区 八尾市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1999年4月30日 - 2007年

Flag of Yao, Osaka.svg 八尾市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1983年5月1日 - 1995年
テンプレートを表示

田中 誠太(たなか せいた、1956年12月4日 - )は、日本政治家大阪府八尾市長(3期)、大阪府議会議員(2期)、八尾市議会議員(3期)を務めた。

経歴[編集]

大阪府八尾市出身。八尾市立龍華小学校、八尾市立龍華中学校、近畿大学附属高等学校卒業。1979年近畿大学商経学部経営学科卒業[1]1983年5月、八尾市議会議員選挙に初当選(3期連続、日本社会党)。1999年5月、大阪府議会議員選挙に初当選(2期連続、民主党)。

2007年、民主党を離党し大阪府議会議員を辞職する。同年4月22日、同和関係団体元幹部らの恐喝事件(丸尾事件)を機に同和行政のあり方などが大きな争点となった八尾市長選挙に無所属(民主党推薦)で出馬。自民党推薦の現職ら4人を破って初当選した。5月1日、市長就任[2]

2011年4月24日執行の八尾市長選挙に無所属(民主党・自民党・社民党の3党推薦)で出馬。共産党推薦の新人を破り再選。

2015年4月26日執行の八尾市長選挙に無所属(自民党・公明党・民主党・社民党の4党推薦、共産党自主支援[3][4])で出馬。大阪維新の会次世代の党推薦の大松桂右を破り、3期目の当選。2015年5月、大阪府市長会会長に就任。

2019年の市長選では大松に敗れ落選した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

先代:
柴谷光謹
Flag of Yao, Osaka.svg 八尾市長
2007年 - 2019年
次代:
大松桂右