二日会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二日会(ふつかかい)は、自由民主党の結党初期に存在した派閥。通称は石橋派石田派

概要[編集]

自民党創成期に石橋湛山を中心に石田博英大久保留次郎島村一郎宇都宮徳馬ら約20名で結成した火曜会(石橋派)が起源である。石橋と同様に党内のハト派の議員が多かった。最初の自由民主党総裁公選で石橋当選の原動力となったが、石橋が総裁就任後、わずか2ヶ月で病気辞任してしまうと、総裁候補が不在で人数的にも資金的にも劣った火曜会は急速に弱体化し、間もなく解散した。

その後、無派閥となっていた石田、宇都宮ら旧石橋派のメンバーは1969年の総選挙の際に、石田派(二日会)を旗揚げするが、大派閥の前には新人獲得も思わしく進められず、1971年に石田、宇都宮、地崎宇三郎山口敏夫の4人は同じハト派の派閥である政策懇談会(三木派)に合流した。

関連項目[編集]