保守傍流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

保守傍流(ほしゅぼうりゅう)は、自由民主党の派閥系統を指す表現。

概要[編集]

かつては保守本流側(宏池会平成研究会)が他の派閥に対する差別化のため用いてきた。

三木派当時の番町政策研究所以外は、保守本流の派閥に比べて保守色が強いといわれる。しかし、これらの派閥が特に統一の行動をとっていたわけではなく、「本流」「傍流」という言葉については事実上レッテル貼りに近いため、最近ではあまり用いられない。

保守合同以前に「反・吉田茂」の路線で日本民主党に属したグループであり、さらにさかのぼれば旧・自由党1945年 - 1955年)の鳩山一郎派および改進党系から成り立っている。現在では清和政策研究会(安倍派)、志帥会(二階派)、近未来政治研究会(森山派)、かつての番町政策研究所(旧大島派、現在は保守本流為公会と合併し志公会となった)がその流れを汲んでいるが、中選挙区制の廃止や小泉内閣を経て派閥という枠組み自体が弱まってきており、各派の抗争が自民党総裁選以外においてほとんど見られない現在では、本流・傍流の分類、色分けは形骸化しつつある。

かつては、改進党の流れを汲む計画経済保護主義的な政策運営が主であったが、小泉政権、安倍政権期を経て近年ではどの派閥も新保守主義的色彩を強めるに至っている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]