自由改革連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

自由改革連合(じゆうかいかくれんごう)は、1994年(平成6年)7月から12月まで存在した日本政党連合

1993年(平成5年)の細川内閣の誕生以降に主に自由民主党を離党した政治改革推進派の国会議員によって結成された諸党派が合流し、1994年6月29日の内閣総理大臣指名選挙日本社会党委員長村山富市に敗れた元自民党総裁・元総理大臣海部俊樹を代表として7月27日に結成した。

同年12月10日の新進党結党大会を前に解散したが、柿沢と佐藤静雄、津島は新進党に参加しなかった(津島は無所属期間を経て自民党復党、柿沢・佐藤は自由連合の結成に参加し、暫く後に自民党復党している)。新進党結党後、自民党に復党・入党した者、さらに閣僚を務めた者も少なくない。

参加党派・メンバー[編集]

海部俊樹(代表)、今津寛津島雄二野田毅野呂昭彦保岡興治
西岡武夫(事務局長)、鳩山邦夫大石正光笹川堯
鹿野道彦北川正恭佐藤敬夫坂本剛二増子輝彦
柿沢弘治太田誠一新井将敬佐藤静雄山本拓米田建三高市早苗
石田勝之  

関連項目[編集]