吉野源三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉野 源三郎
(よしの げんざぶろう)
誕生 1899年4月9日
東京府(現・東京都
死没 1981年5月23日(満82歳没)
職業 編集者児童文学者・評論家翻訳家・反戦運動家・ジャーナリスト
最終学歴 東京帝国大学文学部哲学科卒業(1925年)
活動期間 1937年 - 1981年
文学活動 平和問題談話会
代表作 君たちはどう生きるか』(1937年)
主な受賞歴 第06回産経児童出版文化賞(1959年)
処女作 君たちはどう生きるか』(1937年)
テンプレートを表示

吉野 源三郎(よしの げんざぶろう、1899年(明治32年)4月9日 - 1981年(昭和56年)5月23日)は、編集者児童文学者・評論家翻訳家・反戦運動家・ジャーナリスト昭和を代表する進歩的知識人。『君たちはどう生きるか』の著者として、また雑誌『世界』初代編集長としても知られている。岩波少年文庫の創設にも尽力した。明治大学教授、岩波書店常務取締役、日本ジャーナリスト会議初代議長、沖縄資料センター世話人などの要職を歴任した。

経歴[編集]

1899年(明治32年)、東京府(現・東京都)出身。父は株式取引所仲買人であった。

1912年(明治45年)、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。1917年(大正6年)、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。

1918年(大正7年)、旧制第一高等学校に入学。1922年(大正11年)、2留のすえ第一高等学校を卒業し、東京帝国大学経済学部に入学。思索の中で哲学への思いが高じて文学部哲学科に転部した。

1925年(大正14年)、26歳で東京帝国大学文学部哲学科を卒業。思い立って陸軍に入隊する。除隊後の1927年(昭和2年)、東京大学図書館に就職。このころから政治に関心を持ち、社会主義系の団体の事務所に出入りするようになる。1931年(昭和6年)に治安維持法事件で逮捕される。このとき抱いた軍国主義への不信感が、後年の反戦活動、理想主義的な思想体系を形作ったと考えられる。

1935年(昭和10年)、山本有三の「日本少国民文庫」編集主任に就任。1937年(昭和12年)には明治大学講師に就任。この年、『君たちはどう生きるか』を刊行し、岩波書店に入社[1]1938年(昭和13年)、岩波新書を創刊[1]1939年(昭和14年)、明治大学教授に就任。戦時中も一貫して独自のヒューマニズム論を展開した。

1946年(昭和21年)、雑誌『世界』を創刊し、初代編集長に就任[1]。いわゆる「戦後民主主義」の立場から、反戦・平和の姿勢で論陣を張った。1950年(昭和25年)4月15日平和問題談話会を結成し、1951年(昭和26年)の対日講和条約に関しては、米国を含む52ヶ国との単独講和ではなく、ソ連中国も含めた全面講和論を主張した[1][2][3]1959年(昭和34年)、「安保批判の会」結成に参加し、1960年(昭和35年)の安保闘争で活躍。この間、1949年(昭和24年)に岩波書店取締役、翌年に岩波書店常務取締役、1965年(昭和40年)に岩波書店編集顧問に就任した。

1975年(昭和50年)に広島で開催された「被爆30年広島国際フォーラム」の世話人を努めた。

1981年(昭和56年)、肺気腫症のため、82歳で死去。

評価[編集]

反戦への思いを熱く秘めたその作風は多くの支持を集め、『君たちはどう生きるか』は、刊行から70年経過した2003年(平成15年)の「私が好きな岩波文庫100」で5位にランクされた。岩波少年文庫各冊の終わりによせた「岩波少年文庫発刊に際して」という一文は、今もって評価が高い。また、温厚な人徳者として知られ、各方面に知己が多かった。

戦時中の発言[編集]

反戦運動家であった吉野だが、戦時中は「現在吾々の同胞は、東はカリフオルニヤ湾から西はセイロン島にかけて、北は満蒙から南はオーストラリア北岸にわたって太平洋を抱く広大な地域に血を流して戦っている。精神に於てこの広大な地域を問題にしているのではなく、現に日本人の肉体がこの広大な地域に延びひろがって敢斗しているのである。英米資本主義からの東亜の解放といい、東亜に於ける新しい秩序の建設といい、いずれも一年前までの如き構想や理念に留ってはいない」(昭和十七年五月『教育』誌掲載「子供ものの出版について」)という論述をしていた。戦後中ソに接近した吉野に対し、『進歩的文化人 学者先生戦前戦後言質集』は次の副題を付けている。

吉野源三郎(岩波書店『世界』編集長)進歩的文化人のプロデューサー

『進歩的文化人 学者先生戦前戦後言質集』全貌社、昭和32年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ Yahoo!百科事典
  3. ^ 平和問題談話会「講和問題についての平和問題談話会声明」、『世界』第51号、岩波書店、1950年3月、 60-64頁、 ISSN 0582-4532

著作[編集]

図書[編集]

編著[編集]

  • 『危機はここまで来ている』 厚文社、1954年 - 雑誌『世界』に連載(1953年6-11月号)。
  • 『日本の運命』 評論社〈復初文庫〉、1969年 - 『世界』座談会集第1。
  • 『日本における自由のための闘い』 評論社〈復初文庫〉、1969年 - 『世界』座談会集第2。
  • 『原点 「戦後」とその問題』 評論社〈復初文庫〉、1969年 - 『世界』座談会集第3。
  • 『核廃絶か破滅か 被爆30年広島国際フォーラムの記録』 飯島宗一具島兼三郎・吉野源三郎 編、時事通信社〈市民の学術双書〉、1976年

共著[編集]

  • 吉野源三郎・池島信平 ほか 「ジャーナリストとして」『ジャーナリスト その喜びと悲しみ』 大蔵出版、1955年
  • 吉野源三郎 「平和の構想 人間への信頼」『平和の思想』 鶴見俊輔 編・解説、筑摩書房〈戦後日本思想大系 第4巻〉、1968年
  • 吉野源三郎 「歴史的な感想」『平和運動20年記念論文集』 日本平和委員会 編、大月書店、1969年 - 平和運動20年記念出版。
  • 吉野源三郎・アンリ・ファーブル ほか 「人間の悩みとあやまち」『フシダカバチの秘密 ほか』 光村図書出版〈光村ライブラリー 中学校編 第4巻〉、2005年11月。ISBN 4-89528-372-0 - 挿画:内藤貞夫ほか、写真:岩波洋造ほか。

翻訳[編集]

関連文献[編集]

  • 「書評 吉野源三郎「エイブ・リンカーン」」『鶴見俊輔著作集』5、筑摩書房、1976年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]