梅本純正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅本 純正(うめもと よしまさ、1919年大正8年)5月27日[1] - 2015年平成27年)12月28日)は、日本の厚生官僚実業家社会保険庁長官厚生事務次官環境事務次官内閣官房副長官武田薬品工業社長などを務めた。

経歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]浪速高等学校を卒業[2]1942年7月高等試験行政科試験に合格[1][2]。同年、東京帝国大学法学部政治学科を卒業[1]厚生省に入省し生活局属となる[2]

以後、保険局長、社会保険庁長官、厚生事務次官などを歴任[1]1971年7月、初代環境事務次官に就任し1973年7月まで在任[3]

退官後、老人福祉開発センター理事長、武田薬品工業顧問を務めた[1]1976年三木内閣内閣官房副長官(事務担当)を務めた[4]

以後、武田薬品工業専務、同社長、同会長、関西経済同友会代表幹事などを歴任した[1]

2015年12月28日、東京都世田谷区自宅で死去した。享年96[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 現代日本人名録98』1、971-972頁。
  2. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』346頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』474頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』468頁。
  5. ^ 元内閣官房副長官の梅本純正さん死去 朝日新聞デシタル※2016年1月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『新訂 現代日本人名録98』1、日外アソシエーツ、1998年。