河井案里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河井 案里
かわい あんり
Anri Kawai 20190629crop.jpg
河井案里(2019年6月29日)
生年月日 (1973-09-23) 1973年9月23日(45歳)
出生地 日本の旗 宮崎県延岡市[1]
出身校 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了[2]
前職 広島文化短期大学非常勤講師[3]
広島県議会議員
所属政党 自由民主党二階派
配偶者 河井克行(衆議院議員)
公式サイト 河井あんり(かわいあんり)公式サイト

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職

選挙区 広島市安佐南区選挙区
当選回数 4回
在任期間 2003年4月30日 - 2009年10月22日
2011年4月30日 - 2019年4月
テンプレートを表示

河井 案里(かわい あんり、1973年9月23日[4] - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。元広島県議会議員(4期)。宮崎県出身[5]。夫は自由民主党所属の衆議院議員で第101代法務大臣河井克行[6][7][8]

来歴[編集]

宮崎大学附属幼稚園宮崎大学附属小学校宮崎大学附属中学校宮崎県立宮崎大宮高等学校を経て慶應義塾大学総合政策学部慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了[1][2][5]後、科学技術振興事業団(現 科学技術振興機構)に勤務[9]。2001年、衆議院議員河井克行と結婚[10]広島文化短期大学非常勤講師を経て2003年(平成15年)に広島県議会議員選に初当選し、2009年広島県知事選(落選)を挟んで4期にわたり広島県議会議員を務めた[2][5]

2009年(平成21年)に広島県知事選に出馬。出馬に伴い県議会議員を自動失職。選挙結果は次点で落選[11]。その後、2011年(平成23年)の広島県議会議員選に出馬し当選、議員に復帰[12]

2019年(平成31年)2月19日、自由民主党岸田文雄政調会長と甘利明選対委員長が国会内で会談。同年夏の参院選広島県選挙区に向けて、党は6選を目指す岸田派の溝手顕正を公認済みであったが、この日、甘利は岸田に2人目の擁立に理解を求めた。候補者としては、自民党への入党を図る愛知県選挙区の無所属の参議院議員、薬師寺道代の名前が挙がっていた[13]。ところが愛知2区を地盤とする田畑毅が準強制性交容疑で刑事告訴されたことに伴い、3月1日に衆議院議員を辞職したため[14]、薬師寺は田端の後任を狙うこととなった。その結果、3月2日、自民党は河井を擁立する方針を固めた[15]

同年(令和元年)7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙に、改選数2の広島県選挙区から立候補。夫の河井克行菅義偉官房長官の側近であることから、溝手との間で「ポスト安倍」を巡る菅、岸田両者の代理戦争の様相を呈したが、順位2位で初当選した[16]。トップで当選したのは無所属の森本真治[17][18]。溝手は3位で落選した[19][20]。河井は当選を確実にした後、選挙事務所で支援者を前に「私は常々、自民党が2議席を取ってこそ、広島県、自民党の勝利だと言い続けてまいりましたので、きょうは万歳は差し控えさせていただきます」として万歳はしなかった[21][22]

初当選から2日後の、2019年7月23日付の地元紙である中国新聞が、河井は広島県議会議員時代の2018年7月から2019年4月までの10か月間に、広島県議会の政務活動費12万5000円を過大に受け取っていたことが判明した、と報じた。夫で衆議院議員の河井克行と共有する事務所の一部を解約して賃料が減っていたが、事務所費の計上額を変えていなかった。河井は、中国新聞の取材に対し、「事務的なミスが原因」と事実関係を認めている[23]

2019年8月1日、初登院し本会議に出席後、二階派の総会に参加[24]

政策・主張[編集]

  • 憲法改正に賛成。改正するべき項目に自衛隊の保持を上げた[25]
  • アベノミクスを評価する[25]
  • 消費税増税についてはどちらとも言えないとしている[25]
  • 夫婦別姓についてはどちらとも言えないとしている[25]
  • 同性婚の法整備化についてはどちらとも言えないとしている[25]

過去の選挙結果[編集]

国政選挙
選挙 選挙区 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2019年7月21日 第25回参議院議員通常選挙 広島県選挙区 自由民主党 295,871 28.99% 当選 2/7
都道府県知事選挙
選挙 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2009年11月8日 広島県知事選挙 無所属 195,623 25.87% 49.44% 2/5
都道府県議会議員選挙
選挙 選挙区 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2003年4月13日 広島議会議員選挙 広島市安佐南区 無所属 10,801 15.51% 当選 4/7
2007年4月8日 広島議会議員選挙 広島市安佐南区 自由民主党 17,223 20.31% 当選 2/6
2011年4月10日 広島議会議員選挙 広島市安佐南区 無所属 20,799 24.94% 当選 1/6
2015年4月12日 広島議会議員選挙 広島市安佐南区 自由民主党 20,733 27.03% 当選 1/7

脚注[編集]

  1. ^ a b あんりヒストリー│河井あんり”. 河井あんり公式サイト. 2019年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c 河井 あんり 公認候補者|「日本の明日を切り拓く。」”. 自由民主党 (2019年). 2019年7月26日閲覧。
  3. ^ 国会議員情報:河井 案里(かわい あんり):時事ドットコム”. 時事通信社 (2019年). 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ 河井 案里:立候補者情報:選挙区:広 島:参院選2019:時事ドットコム”. 時事ドットコム (2019年). 2019年7月25日閲覧。
  5. ^ a b c 中国新聞 2019年7月23日付 8面.2019年7月23日閲覧。
  6. ^ プロフィール│衆議院議員 河井克行 公式サイト”. 衆議院議員 河井克行 公式サイト. 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ 河井あんり(かわいあんり)公式サイト│自民党広島県参議院選挙区第七支部長”. 河井あんり公式サイト. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ 第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿”. 首相官邸ホームページ (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  9. ^ 河井 あんり│国会議員│議員情報│議員・役員情報│自由民主党”. 自由民主党 (2019年). 2019年8月30日閲覧。
  10. ^ 河井克行オフィシャルブログ『あらいぐまのつぶやき』「今日は家内の誕生日」Powered by Ameba”. 河井克行 (2016年9月23日). 2019年8月1日閲覧。
  11. ^ 広島市 - 選挙の記録 平成21年(2009年)”. 広島市. 2019年8月29日閲覧。
  12. ^ 2011統一地方選挙・衆院補選 候補者・開票情報 広島県”. asahi.com (2011年4月). 2019年8月29日閲覧。
  13. ^ “【参院選】自民、広島で2人目擁立へ 茨城も模索”. 産経新聞. (2019年2月19日). https://www.sankei.com/politics/news/190219/plt1902190032-n1.html 2019年7月24日閲覧。 
  14. ^ “田畑毅衆院議員の辞職願を許可 準強制性交容疑で告訴状”. 朝日新聞. (2019年3月1日). https://www.asahi.com/articles/ASM314D57M31UTFK00M.html 2019年8月4日閲覧。 
  15. ^ “自民、参院広島2人目に河井案里県議擁立へ”. 産経新聞. (2019年3月3日). https://www.sankei.com/politics/news/190303/plt1903030001-n1.html 2019年7月24日閲覧。 
  16. ^ 「仁義なき戦い」で大波乱、新人の河井案里氏が当選”. 日刊スポーツ (2019年7月21日). 2019年7月25日閲覧。
  17. ^ 森本真治民主党民進党国民民主党出身。
  18. ^ 参院選2019 森本氏、12市町でトップに /広島”. 毎日新聞 地方版 (2019年7月23日). 2019年7月25日閲覧。
  19. ^ 選挙区・広島|TBSテレビ:Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル(2019年7月22日 更新).TBS.2019年7月23日閲覧。
  20. ^ “落選見込み溝手氏、自民2議席戦略「ばかげた話」 広島 - 2019参議院選挙(参院選)”. 朝日新聞デジタル. (2019年7月22日). https://www.asahi.com/articles/ASM7P6FDDM7PPTIL027.html 2019年7月24日閲覧。 
  21. ^ 参院選広島 森本氏と河井氏が当選(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース”. Yahoo!ニュース(中国放送) (2019年7月22日). 2019年7月26日閲覧。
  22. ^ 参院選広島 森本氏と河井氏が当選 - RCCニュース”. 中国放送 (2019年7月22日). 2019年7月26日閲覧。
  23. ^ 中国新聞2019年7月23日 31面 中国わいど. 中国新聞社. 2019年9月1日閲覧。
  24. ^ 参院選で初当選の河井案里さん 初登院で国政に意欲”. FNN PRIME(テレビ新広島) (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  25. ^ a b c d e 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2019参議院選挙:朝日新聞デジタル

外部リンク[編集]