河井案里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河井 案里
かわい あんり
Anri Kawai 20190629crop.jpg
河井案里(2019年6月29日)
生年月日 (1973-09-23) 1973年9月23日(46歳)
出生地 日本の旗 宮崎県延岡市[1]
出身校 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了[2]
前職 広島文化短期大学非常勤講師[3]
広島県議会議員
現職 参議院議員
所属政党 自由民主党二階派
配偶者 河井克行(衆議院議員)
公式サイト 河井あんり(かわいあんり)公式サイト

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職

選挙区 広島市安佐南区選挙区
当選回数 4回
在任期間 2003年4月30日 - 2009年10月22日
2011年4月30日 - 2019年4月29日
テンプレートを表示

河井 案里(かわい あんり、1973年9月23日[4] - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、自民党広島県参議院選挙区第七支部長[5]。元広島県議会議員(4期)。宮崎県出身[6]。旧姓は前田[7]。夫は自由民主党所属の衆議院議員で元法務大臣(第101代)の河井克行[8][9][10]。  

来歴[編集]

宮崎大学附属幼稚園宮崎大学附属小学校宮崎大学附属中学校宮崎県立宮崎大宮高等学校を経て慶應義塾大学総合政策学部慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了[1][2][6]。大学生時代の友人に橋本岳がいた[11]。大学院では「政策と民営化・民間活力の導入」を研究[12]。大学院修了後は科学技術振興事業団(現 科学技術振興機構)に勤務[13]。2001年、落選浪人中の河井克行と結婚[14][15]、仲人は橋本龍太郎元首相[15]。2002年4月から広島文化短期大学非常勤講師を務めた[3]

結婚後、夫・河井克行の選挙サポートを始めたことがきっかけで、一緒に選挙区を回っていた克行から「君は政治に向いている」と県議選への出馬を勧められ[16]、2003年(平成15年)の広島県議会議員選挙に安佐南区選挙区から立候補し初当選した[2][6]。2007年(平成19年)に再選。

2009年(平成21年)、広島県知事選に出馬。出馬に伴い県議会議員を自動失職。選挙結果は次点で落選[17]。その後、2011年(平成23年)の県議選に出馬し当選、議員に復帰[18]。2015年(平成27年)に4期目の当選。

参議院議員へ[編集]

2019年(平成31年)2月19日、自由民主党岸田文雄政調会長と甘利明選対委員長が国会内で会談。同年夏の参院選広島県選挙区に向けて、党は6選を目指す岸田派の溝手顕正を公認済みであったが、この日、甘利は岸田に2人目の擁立に理解を求めた。候補者としては、自民党への入党を図る愛知県選挙区の無所属の参議院議員、薬師寺道代の名前が挙がっていた[19]が、愛知2区を地盤とする田畑毅が準強制性交容疑で刑事告訴されたことに伴い、3月1日に衆議院議員を辞職したため[20]、薬師寺は田畑の後任を狙うこととなった。3月2日、自民党は河井を擁立する方針を固めた[21]

同年7月21日投開票の結果、29万5,871票を得て[22]参議院議員に初当選。選挙事務所で支援者を前に「私は常々、自民党が2議席を取ってこそ、広島県、自民党の勝利だと言い続けてまいりましたので、きょうは万歳は差し控えさせていただきます」として万歳はしなかった[23][24]

2019年8月、向日葵会に入会[25]

第200回臨時国会で、参議院経済産業委員会、参議院議院運営委員会、参議院災害対策特別委員会に所属することになった。その後、2019年12月7日現在、参議院ホームページには、経済産業委員会のページの委員名簿には案里の名前がある[26]が、議院運営委員会と災害対策特別委員会ページの委員名簿には案里の名前は見当たらず[27][28]、参議院ホームページの河井あんりページでの参議院における役職等一覧も経済産業委員会のみになっている[29]

政策・主張[編集]

  • 憲法改正に賛成。改正するべき項目に自衛隊の保持を挙げた[30]
  • 憲法9条改正について、県議時代に防衛研究所に通い、旧海軍・旧陸軍のガバナンスの在り方を勉強したことを踏まえた上で、9条改正が、戦争に結び付くわけではないと政治家がきちんと伝えなければならないと考えている[31]
  • アベノミクスを評価する[30]
  • 消費税増税についてはどちらとも言えないとしている[30]
  • 夫婦別姓についてはどちらとも言えないとしている[30]
  • 同性婚の法整備化についてはどちらとも言えないとしている[30]
  • 消費税率の10パーセントへの引き上げに賛成[32]
  • 原子力発電所は必要[32]
  • 普天間基地辺野古への移設に賛成(普天間基地移設問題を参照)[32]
  • 女性宮家創設に反対[32]
  • 菅官房長官と対談をした際、災害時の意思決定やプッシュ型支援、責任の明確化などを通じて、広島を世界最先端の防災地域にしたいと語った[33]

人物[編集]

  • 小さいころから政策に関心があり、高校の時に、ベルリンの壁が崩壊し、また一方で日米構造協議が始まったことに、新しい時代の到来を感じると同時に政治への思いが強くなっていった[34]
  • 「人生100年時代」を迎えようとする日本は、年金問題が示すように、国家の制度設計を根本的に変えなければならない時に来ているとしている。教育や雇用のあり方も変化が迫られてるとし、環境整備を積極的に行っていきたい語った[34]
  • 尊敬する政治家として高村正彦菅義偉をあげている[34][31]
  • 理想の政治家像として、当事者でなければわからない政策はあってはいけないとした上で、政治家は、男と女、老いも若いも超越した存在でなければならないと語り、優しく、しなやかに戦う政治家になりたいとしている[31]
  • 参院選を通じて、自前で後援会を作ったことにより、有権者と直接やりとりができたこと、このことが大きな財産になったと語った。[31]
  • 参議院選挙を振り返り、低投票率の原因として、「争点設定をする力が野党になく、現状の是非だけが争点になったからだ。与党の訴えた「安定政権を続ける」というコピーも訴求力が弱く、野党は「安倍1強打破」ばかりで何をしたいのか打ち出しがない。」と述べた。また争点がないため、自分のやりたいことを訴えるしかなかったとも語った[31]
  • 参議院議員として初登院した際、「国の目線で地方の課題に取り組むということと、あとは国会議員にしかできない国防安全保障などの勉強をぜひさせていただきたいと思っています」との抱負を語った[35]。本会議に出席後、二階派の総会に参加[36]

議会活動[編集]

  • 2019年12月9日の第200回臨時国会閉会日、河井克行からは9日も国会の欠席届けが提出され、案里は6日に診断書を提出しており、克行と案里の2人は10月31日の克行の法務大臣辞任後から国会を欠席し続け姿を見せないまま閉会を迎えた[37][38]

不祥事[編集]

  • 2019年7月23日、広島県議会議員時代に事務所費の減額を申告せず。政務活動費計12万5000円を過大に受け取っていたことが報じられた[39]。また、支部が2015年から2017年分の政治資金収支報告書で案里から受け取った事務所の賃料負担分をはじめ、収入で合計2062万円余りの記載漏れがあったことも分かった[39]。こちらは、2018年9月に報告書の訂正を広島県選挙管理委員会に届けている[39]
  • 2019年10月30日、同年7月の参院選で河井陣営が車上運動員(いわゆるウグイス嬢)13人に公職選挙法の法定上限を超える報酬を支払った疑いがあると、週刊文春の電子版が報じた[40][41]。10月31日発売の週刊文春2019年11月7日号に掲載される[42][43][44]。案里と克行の事務所は30日にそれぞれ「明日(31日)記事を拝見する」とコメントを出した[44]。これを受けて、翌31日の午前8時すぎ、夫の克行が
  • 2006年の広島県議会議員当時、案里は当時の広島県知事(藤田雄山)に対し「政治と金」の疑惑について、「何も知らない、何も答えられないとそうおっしゃいますけど、この真実を明らかにすることだけが知事が唯一生き残る道なんです。」「男らしくなさいよ。私も広島県知事でしたら、おそらく辞職をしています。男らしくしなさい」と強く迫っていた[45]。案里の公職選挙法違反などの疑惑が報じられ、2019年10月31日に河井克行が法相を辞任した際、ともに「説明責任を果たす」としたまま、河井克行と妻の案里が国会を欠席し続けており、夫妻とも公の場から姿を消し、間もなく1カ月を迎える、と報じられた[46]。11月、案里は参院で4回あった本会議を全て欠席[46]。5回あった経済産業委員会と4回の議院運営委、2回の災害対策特別委にも姿を見せておらず、自民党二階派の28日の例会にも現れなかった[46]。議員会館の案里の事務所は「院の手続きを取った上で、欠席をしております。事実関係を調査した上で、説明をしたいと思います」とのコメントを出した[46]。11月の衆院本会議を7回全て欠席した克行の事務所も一言一句同じ談話を出した[46]。また、11月18日に広島市内で開催された自民党地方政調会には広島県選出の国会議員や県議らが出席する中、案里と夫の克行前法務大臣は姿を見せなかった[47]。案里の後援会の会長は「本人にも一定の時間が必要との思いがあって1カ月待ち続けたが、このままでは何が真実か分からない。同じ気持ちの支援者は多いはずで、本人の言葉で丁寧に説明してほしい」とコメントした[46]。広島県の選挙管理委員会によると、参院選で、案里の選挙運動にかかった費用の収支報告書は、法令で定められている期限の8月5日にいったん提出されたが、現在(2019年11月29日報道当時)、修正中で、広島選挙区に立候補した7人のうち、最終的なものが提出されていないのは案里だけである[45]。法令上、提出の期限は定められていないが、県選管は「常識的な範囲で督促はする」としている[45]。夫妻で国会の欠席を続けている間も、それぞれに、給与である歳費、月額129万円あまりと、文書通信交通滞在費月額100万円は支払われている[45]。今国会は2019年12月9日で閉会の予定[46]。翌10日は国会議員の冬の期末手当(ボーナス)支給日で、克行に約323万円、案里には約194万円が支払われる[46][45]
  • 河井前法相は、妻の案里参議院議員の選挙でウグイス嬢に法定以上の日当が支払われていた疑いが指摘され、法務大臣を辞任し、夫婦ともに説明責任を果たすとの考えを示していたが辞任以降、公の場に姿を見せていない[48][49]。それに対して河井夫妻は、国会の会期末を来週に控え、与野党から、立憲民主党安住淳国対委員長「行方不明だから捜索願を出した方がいいかなと思ってるんだけど警察に」「歳費(議員給与)泥棒になっちゃう」、自民党・鈴木俊一総務会長「なるべく早い機会を捉えて説明責任を果たすのが求められる」など、説明を求める声があがっている[48][49]
  • 2019年12月6日、案里は事務所の秘書を通じて6日、適応障害で1カ月の自宅療養が必要とする診断書を、世耕弘成自民党参院幹事長に提出した、と報じられた[50][51][52][53][54][55]。世耕弘成自民党参院幹事長は6日に記者会見をし、案里が診断書とは別に提出した書類では、週刊誌の報道について「第三者にも入ってもらい、調査を進めているところで、適切な時期に報告したい」などとしているということを明らかにした[50]。案里の事務所によると、12月5日に東京都内の病院で診断を受けたという[52]。また、案里の事務所は「(2019年12月)9日までの国会会期中の説明は難しい。今の段階では説明がいつになるか見通すのは難しい。当面、治療に専念する」としている[54]

所属団体・議員連盟[編集]

過去の選挙結果[編集]

国政選挙
選挙 選挙区 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2019年7月21日 第25回参議院議員通常選挙 広島県選挙区 自由民主党 295,871 28.99% 当選 2/7
都道府県知事選挙
選挙 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2009年11月8日 広島県知事選挙 無所属 195,623 25.87% 49.44% 2/5
都道府県議会議員選挙
選挙 選挙区 政党 得票 得票率 惜敗率 順位
2003年4月13日 広島県議会議員選挙 広島市安佐南区 無所属 10,801 15.51% 当選 4/7
2007年4月8日 広島県議会議員選挙 広島市安佐南区 自由民主党 17,223 20.31% 当選 2/6
2011年4月10日 広島県議会議員選挙 広島市安佐南区 無所属 20,799 24.94% 当選 1/6
2015年4月12日 広島県議会議員選挙 広島市安佐南区 自由民主党 20,733 27.03% 当選 1/7

脚注[編集]

  1. ^ a b あんりヒストリー│河井あんり”. 河井あんり公式サイト. 2019年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c 河井 あんり 公認候補者|「日本の明日を切り拓く。」”. 自由民主党 (2019年). 2019年7月26日閲覧。
  3. ^ a b 国会議員情報:河井 案里(かわい あんり):時事ドットコム”. 時事通信社 (2019年). 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ 河井 案里:立候補者情報:選挙区:広 島:参院選2019:時事ドットコム”. 時事ドットコム (2019年). 2019年7月25日閲覧。
  5. ^ 自由民主党広島県支部連合会(自民党広島県連)|国会議員”. 自民党広島県支部連合会 (2019年). 2019年11月2日閲覧。
  6. ^ a b c 中国新聞 2019年7月23日付 8面.2019年7月23日閲覧。
  7. ^ “グラビア 捲土重来を期す「前衆議院議員・河井克行君と前田案里さんの結婚を祝う会」”. 広島ビジネス界 6: 6~11. (2001-06). https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5784940-00?ar=4e1f. 
  8. ^ プロフィール│衆議院議員 河井克行 公式サイト”. 衆議院議員 河井克行 公式サイト. 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ 河井あんり(かわいあんり)公式サイト│自民党広島県参議院選挙区第七支部長”. 河井あんり公式サイト. 2019年8月1日閲覧。
  10. ^ 第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿”. 首相官邸ホームページ (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  11. ^ 連続直撃「代議士の妻」が国会議員になる時”. 文春オンライン (2019年9月9日). 2019年11月15日閲覧。
  12. ^ 河井あんりを知る
  13. ^ 河井 あんり│国会議員│議員情報│議員・役員情報│自由民主党”. 自由民主党 (2019年). 2019年8月30日閲覧。
  14. ^ 河井克行オフィシャルブログ『あらいぐまのつぶやき』「今日は家内の誕生日」Powered by Ameba”. 河井克行 (2016年9月23日). 2019年8月1日閲覧。
  15. ^ a b 週刊文春2019年11月7日号(10月31日発売)p24. 2019年11月5日閲覧。
  16. ^ 【直撃!新人女性議員】自民党・河井案里参院議員「『人生100年時代』の環境整備を積極的に行いたい」”. zakzak by 夕刊フジ (2019年8月14日). 2019年11月5日閲覧。
  17. ^ 広島市 - 選挙の記録 平成21年(2009年)”. 広島市. 2019年8月29日閲覧。
  18. ^ 2011統一地方選挙・衆院補選 候補者・開票情報 広島県”. asahi.com (2011年4月). 2019年8月29日閲覧。
  19. ^ “【参院選】自民、広島で2人目擁立へ 茨城も模索”. 産経新聞. (2019年2月19日). https://www.sankei.com/politics/news/190219/plt1902190032-n1.html 2019年7月24日閲覧。 
  20. ^ “田畑毅衆院議員の辞職願を許可 準強制性交容疑で告訴状”. 朝日新聞. (2019年3月1日). https://www.asahi.com/articles/ASM314D57M31UTFK00M.html 2019年8月4日閲覧。 
  21. ^ “自民、参院広島2人目に河井案里県議擁立へ”. 産経新聞. (2019年3月3日). https://www.sankei.com/politics/news/190303/plt1903030001-n1.html 2019年7月24日閲覧。 
  22. ^ 中国新聞2019年7月25日 27面 中国わいど. 2019年11月1日閲覧。
  23. ^ 参院選広島 森本氏と河井氏が当選(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース”. Yahoo!ニュース(中国放送) (2019年7月22日). 2019年7月26日閲覧。
  24. ^ 参院選広島 森本氏と河井氏が当選 - RCCニュース”. 中国放送 (2019年7月22日). 2019年7月26日閲覧。
  25. ^ また「菅人事」で失敗 辞任ドミノ、ポスト安倍に影響も”. 朝日新聞デジタル (2019年10月31日). 2019年12月8日閲覧。
  26. ^ 経済産業委員会委員名簿:参議院”. 参議院ホームページ (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。
  27. ^ 議院運営委員会委員名簿:参議院”. 参議院ホームページ (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。
  28. ^ 災害対策特別委員会委員名簿:参議院”. 参議院ホームページ (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。
  29. ^ 河井 あんり(かわい あんり):参議院”. 参議院ホームページ. 2019年12月8日閲覧。
  30. ^ a b c d e 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2019参議院選挙:朝日新聞デジタル
  31. ^ a b c d e 「戦いから下りない」-新しい世代に向けた制度改革を | 参院新人議員に聞く | 河井案里” (日本語). 毎日新聞「政治プレミア」. 2019年12月3日閲覧。
  32. ^ a b c d 2019参院選 自民 広島 河井案里”. 毎日新聞. 2019年11月23日閲覧。
  33. ^ “自由民主”. (2019年5月27日) 
  34. ^ a b c “【直撃!新人女性議員】自民党・河井案里参院議員「『人生100年時代』の環境整備を積極的に行いたい」”. 夕刊フジ. (2019年8月13日). https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190814/pol1908140001-n1.html 2019年12月7日閲覧。 
  35. ^ 臨時国会召集 新人議員ら初登院 抱負は?(日本テレビ系(NNN))” (日本語). Yahoo!ニュース (2019年8月1日). 2019年12月3日閲覧。
  36. ^ 参院選で初当選の河井案里さん 初登院で国政に意欲”. FNN PRIME(テレビ新広島) (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  37. ^ 辞任の河井、菅原両氏、国会現れず 案里氏も 説明責任果たさず”. 産経ニュース (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。
  38. ^ 臨時国会が閉会 河井夫妻は欠席 選挙を巡る疑惑 説明責任は│RCCニュース”. RCC中国放送 (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。
  39. ^ a b c 中国新聞2019年7月23日 31面 中国わいど. 中国新聞社. 2019年9月1日閲覧。
  40. ^ 河井参院議員に「買収」疑惑=法相妻、ウグイス嬢に違法報酬か-文春報道”. JIJI.COM (2019年10月30日). 2019年12月3日閲覧。
  41. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「asahicom20191031」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  42. ^ 河井参院議員に「買収」疑惑=法相妻、ウグイス嬢に違法報酬か-文春報道”. JIJI.COM (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  43. ^ 河井法相妻、案里参院議員陣営「運動員に法定超す報酬」週刊文春報道”. 毎日新聞 (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  44. ^ a b 河井法相の妻側、参院選で公選法違反の疑い 文春報道”. 朝日新聞デジタル (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  45. ^ a b c d e 河井克行・案里夫妻姿見せず 国会欠席1か月 地元「説明を」”. Yahoo!ニュース(RCC中国放送) (2019年11月29日). 2019年12月3日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g h 河井夫妻、続く国会欠席 疑惑の説明なく1カ月”. 中国新聞デジタル (2019年11月28日). 2019年12月2日閲覧。
  47. ^ 自民党地方政調会 岸田政調会長「ポスト安倍」に意欲 広島│ニュース・報道│広島ホームテレビ”. 広島ホームテレビ (2019年11月18日). 2019年12月8日閲覧。
  48. ^ a b 与野党、辞任閣僚に説明求める 選挙違反疑惑、会期末迫る中”. Yahoo!ニュース(KYODO) (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  49. ^ a b “金品疑惑”菅原前経産相に直撃…説明は?”. 日テレNEWS24 (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  50. ^ a b 河井案里参議院議員 「もう1か月ほど療養」 診断書提出”. NHK NEWS WEB (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  51. ^ 自民・河井案里参院議員、国会欠席 「適応障害」の診断書提出”. TBS NEWS (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  52. ^ a b 河井案里氏が診断書提出 「1カ月の療養必要」”. 日本経済新聞 (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  53. ^ 河井案里参院議員が適応障害と診断書提出「1カ月の療養必要」”. 毎日新聞 (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  54. ^ a b 「適応障害 1カ月の療養」 河井案里氏が診断書”. 中国新聞デジタル (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  55. ^ 疑惑報道後、国会欠席つづく 菅原・河井両前相と案里氏”. 朝日新聞デジタル (2019年12月6日). 2019年12月6日閲覧。
  56. ^ 連盟役員”. 神道政治連盟国会議員懇談会. 2019年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]