浜田恒之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浜田恒之助

浜田 恒之助(はまだ つねのすけ、1870年10月13日明治3年9月19日) - 1945年昭和20年)4月28日)は、日本の内務官僚憲政会府県知事

経歴[編集]

土佐国出身。浜田愚一郎の三男として生まれる。第三高等学校を経て、1896年7月、帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格した。内務省に入り内務属として警保局に配属された。

1897年4月、茨城県参事官に就任。以後、山梨県警察部長、石川県警察部長、宮城県警察部長、神奈川県警察部長、奈良県事務官北海道事務官・第三部長[1]などを歴任。

1910年6月、富山県知事に就任。1915年8月、宮城県知事に転任。原内閣成立後、1919年4月に退任した。加藤高明内閣成立後、1924年6月、拓殖事務局長として復帰。1925年9月、広島県知事に就任し、1926年9月、京都府知事に転じた。京都府立女子専門学校の設立を推進した。1927年4月、京都府知事を辞任し退官した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7061号、明治40年1月15日。
  2. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。