渡辺千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺千秋

渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日天保14年5月20日) - 1921年大正10年)8月27日)は、明治大正期の日本官僚[1]位階勲等爵位は、正二位勲一等伯爵[2][3]

人物[編集]

信濃国諏訪郡東堀村(現長野県岡谷市)に諏訪高島藩の下級武士・渡辺斧蔵政徳の子として生まれる。楓関と号する。生家は、岡谷市長地柴宮に旧渡辺家住宅として保存されている[4]

明治維新鹿児島県大書記官北海道庁長官などを歴任する。大久保利通の計らいで宮内省に奉職し、内蔵頭・宮内次官の後、1910年4月宮内大臣に就任する。1911年4月朝鮮併合の功により伯爵になるも、渡辺に何の関係があるのかと疑を生じ、井上馨も大いに憤慨する。元老などにも一言の交渉もなく、桂太郎が渡辺と結託して互いに陞爵を上奏したときの密約だと言われた。1914年4月に辞任する。その理由として、宮内省が武庫離宮造営のために西本願寺須磨別邸を買い上げた際に、賄賂の授受があったためとされる。この背後には、渡辺が山縣閥であったことを、時の第1次山本内閣の法相奥田義人が嫌ったたことがあるという説もある[5]。ちなみに、後任には山縣有朋との関係の薄い波多野敬直が任じられた。なお、辞任直前の4月9日に昭憲皇太后が崩御したが、公式には4月11日崩御と発表された。発表が丸2日ずらされたのは、内蔵頭当時の収賄で司直の手が及びかけていた渡辺を急遽更迭させるための措置であったという。

蒐書家として知られ、多くの古典籍や古筆切などを蒐集した。

略歴[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

家族・親族・系譜[編集]

著作等[編集]

  • 『さしもぐさ』 1903年明治36年)、全国書誌番号:40007785

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 朝日日本歴史人物事典「渡辺千秋」
  2. ^ 『官報』 第508号 「有爵者隠居」 1914年4月11日。
  3. ^ 『官報』 第2725号 「華族薨去」 1920年8月30日。
  4. ^ 旧渡辺家住宅(県宝指定)岡谷市
  5. ^ 伊藤之雄『昭和天皇伝』
  6. ^ [1]枢密院文書・枢密院高等官転免履歴書 明治ノ二 (枢00177100)
  7. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、6頁。
  8. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、17頁。
  9. ^ a b 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)、神戸大学新聞記事文庫
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 渡辺千秋」 アジア歴史資料センター Ref.A06051170800 
  11. ^ 『官報』第1019号「叙任」1886年11月20日。
  12. ^ 『官報』第3199号「叙任及辞令」1894年3月1日。
  13. ^ 『官報』第3764号「叙任及辞令」1896年1月18日。
  14. ^ 『官報』第6076号「叙任及辞令」1903年10月1日。
  15. ^ 『官報』第7353号「叙任及辞令」1907年12月29日。
  16. ^ 『官報』第560号「賞勲叙任」1885年5月16日。
  17. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  18. ^ 『官報』第2701号「叙任及辞令」1892年6月30日。
  19. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  20. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  21. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  22. ^ 『官報』第5696号「叙任及辞令」1902年7月1日。
  23. ^ 『官報』第8108号・付録「辞令」1910年7月2日。
  24. ^ 『官報』第7273号「授爵・叙任及辞令」1907年9月25日。
  25. ^ 『官報』第8347号「授爵・叙任及辞令」1911年4月22日。
  26. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  27. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  28. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
  29. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊). “渡辺 とめ子”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年9月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
花房義質
日本の旗 宮内次官
1909年 - 1910年
次代
河村金五郎
先代
白根専一
日本の旗 内蔵頭
1895年 - 1910年
次代
吉田醇一
内蔵頭心得
先代
岩村通俊
御料局長
日本の旗 帝室林野管理局長官
1908年 - 1910年
御料局長
1904年 - 1908年
次代
佐々木陽太郎
長官心得
先代
白根専一
日本の旗 土木会
1895年 - 1903年
次代
(廃止)
先代
北垣国道
日本の旗 内務次官
第4代:1892年 - 1894年
次代
松岡康毅
先代
白根専一
日本の旗 神職試験委員長
1892年 - 1894年
次代
松岡康毅
日本の爵位
先代
陞爵
伯爵
渡辺(千秋)家初代
1911年 - 1914年
次代
渡辺千春
先代
陞爵
子爵
渡辺(千秋)家初代
1907年 - 1911年
次代
陞爵
先代
叙爵
男爵
渡辺(千秋)家初代
1900年 - 1907年
次代
陞爵