高辻武邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高辻 武邦(たかつじ たけくに、1896年明治29年)10月1日[1] - 1963年昭和38年)3月21日[1])は、日本の内務官僚政治家。第2代富山県知事1948年11月23日[2] - 1956年9月30日[2]、2期[3][4])。孫に第6代北海道知事を経て参議院議員となった高橋はるみ[3][4]、元日本海ガス・日本海ガス絆ホールディングス社長で、富山県知事の新田八朗[3][4]がいる。

経歴[編集]

富山県出身[5]高岡市[5]・高辻喜作の二男[6]1922年文官高等試験に合格[6]1923年東京帝国大学法学部政治学科を卒業[6]。内務省に入省。山口県[7]引揚援護院次長を経て、官選最後の大阪府知事(第35代・1947年3月11日 - 1947年4月12日)。

その後、当時富山県知事を務めていた館哲二に招かれて副知事となるも、1948年に館が公職追放によって辞任。後継の知事選に出馬し、当選して富山県知事を2期務めた。その後1960年の総選挙に無所属で出馬したが落選した。

1963年3月21日死去。享年66。

人物[編集]

趣味は読書[5]。宗教は真宗[5]。住所は富山県富山市舟橋南町[5]

家族・親族[編集]

高辻家
  • 妻・みさを1905年 - 不明、富山、谷村常三の孫)[6]
  • [6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高辻 武邦とはコトバンク。2021年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 歴代の知事・副知事 - 富山県知事政策局秘書課
  3. ^ a b c “富山県知事選、保守分裂に 現職とガス会社前社長”. 日本経済新聞. (2020年6月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60098580Y0A600C2LB0000/ 2021年7月21日閲覧。 
  4. ^ a b c “コロナが招いた半世紀ぶりの異変 保守王国・富山が分裂”. 朝日新聞デジタル. (2020年10月7日). オリジナルの2020年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201011114441/https://www.asahi.com/articles/ASNB65S07N9CPISC00Q.html 2021年7月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 下』タ36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年1月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』タ124頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年1月15日閲覧。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、237頁

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。