高辻武邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高辻 武邦(たかつじ たけくに、1896年明治29年)10月1日[1] - 1963年昭和38年)3月21日[1])は、日本の内務官僚政治家。第2代富山県知事1948年11月23日 - 1956年9月30日、2期)。孫に第6代北海道知事高橋はるみ参議院議員や元日本海ガス社長の新田八朗富山県知事がいる。

経歴[編集]

富山県出身[2]高岡市[2]・高辻喜作の二男[3]1922年文官高等試験に合格[3]1923年東京帝国大学法学部政治学科を卒業[3]。内務省に入省。引揚援護院次長を経て、官選最後の大阪府知事(第35代・1947年3月11日 - 1947年4月12日)。

その後、館哲二富山県知事に招かれて副知事となるも、1948年に館知事が公職追放によって辞任。後継の知事選に出馬し、当選して富山県知事を2期務めた。その後1960年の総選挙に無所属で出馬したが落選した。

1963年3月21日死去。享年66。

人物[編集]

趣味は読書[2]。宗教は真宗[2]。住所は富山県富山市舟橋南町[2]

家族・親族[編集]

高辻家
  • 妻・みさを1905年 - ?、富山、谷村常三の孫)[3]
  • [3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高辻 武邦とはコトバンク。2021年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 下』タ36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』タ124頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年1月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。