石田貫之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石田 貫之助(いしだ かんのすけ、1850年1月13日(嘉永2年12月1日[1])- 1934年昭和9年)10月8日[2])は、明治から大正期の政治家兵庫県会議員衆議院議員富山県知事。旧姓は太田垣。

経歴[編集]

但馬国朝来郡新井村の農業・酒造業の太田垣家に生まれ、石田小治郎の養子となる[1][3]

1879年に兵庫県会議員となり[3]、同議長、同副議長、同郡部会議長、同常置委員など務めた[2]立憲改進党に加わり、さらに愛国公党の創立委員となり、次いで自由党に入党した[1]

1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に兵庫県第四区から出馬して当選。その後、第4回総選挙まで連続4回当選し、さらに第6回第9回総選挙でも当選し、通算6回の当選を果たした[2]

1897年4月、第2次松方内閣により富山県知事に登用され、1898年2月まで在任した[1]

また、神戸又新日報の発刊に加わっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』424頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』61-62頁。
  3. ^ a b 『衆議院議員列伝』3頁。

参考文献[編集]

  • 山崎謙 編『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。