愛国公党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

愛国公党(あいこくこうとう)は、

  1. 最初の自由民権運動の政治結社。
  2. 明治時代中期の政党

愛国公党 (1874年)[編集]

日本の旗 日本政党
愛国公党
成立年月日 1874年1月12日[1]
解散年月日 1874年
解散理由 自然消滅[2]
政治的思想・立場 天賦人権論[2][3]
自由思想[3]
テンプレートを表示

征韓論明治六年政変で下野した板垣退助らは、幸福安全社を基礎に明治7年(1874年1月12日東京京橋区銀座の副島種臣邸に同志を集めて結成[4]天賦人権論に基づき、基本的人権を保護し民撰議院設立を政府に要求することが当面の政治課題の第一であると謳っている。1月17日、板垣、副島らは政府に対して『民撰議院設立建白書』を提出した。建白書には、この他、後藤象二郎江藤新平小室信夫由利公正岡本健三郎古沢滋が署名している。愛国公党は、日本でも初期の政治結社に数えられるが、議会の開催前に活動を開始したこともあり、その誕生は時代の流れよりも早すぎた、という感は否めない。後に板垣退助や片岡健吉が帰郷し、江藤も佐賀の乱に加わったため活動を停止し、自然消滅を迎えることとなる。

日本で初めて「愛国」を名称に冠した組織・団体・結社として知られる。

愛国公党 (1890年)[編集]

日本の旗 日本政党
愛国公党
成立年月日 1890年5月5日
解散年月日 1890年9月15日
解散理由 民権各派との統合・立憲自由党への合流[5]
後継政党 立憲自由党[3]
テンプレートを表示

明治23年(1890年5月5日に、旧自由党土佐派を中心に設立された政党。大同団結運動分裂後の事態に対応して、板垣退助たちが旧自由党員を愛国公党へ結集しようとしたのが党創設における契機となった。結党後、直ちに自由党、大同倶楽部と合同に向けて交渉が始まり、5月14日三派が合同し、庚寅倶楽部を結成する旨を決議した。8月4日愛国公党は解党し、さらに九州同志会を含めた四派が合同して、9月15日立憲自由党を結成した。

脚注[編集]

  1. ^ 宇野俊一ほか編 『日本全史(ジャパン・クロニック)』 講談社、1991年、922頁。ISBN 4-06-203994-X
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年9月27日閲覧。
  3. ^ a b c デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年9月27日閲覧。
  4. ^ 「愛国公党本誓」(宇田友猪 & 和田三郎 1910, pp. 84-85)
  5. ^ 宇野俊一ほか編 『日本全史(ジャパン・クロニック)』 講談社、1991年、956頁。ISBN 4-06-203994-X

参考文献[編集]

  • 宇田友猪; 和田三郎編 『自由党史 上巻』 五車楼、1910年 

関連項目[編集]