勝田永吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝田永吉
かつた えいきち
Katsuta Eikichi.jpg
生年月日 1888年11月30日
出生地 大阪府三島郡富田町[1]
没年月日 (1946-04-13) 1946年4月13日(57歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学独法科[2]
前職 弁護士
所属政党 立憲民政党
翼賛政治体制協議会
日本進歩党

日本の旗 衆議院議員
当選回数 6回
テンプレートを表示

勝田 永吉(かつた えいきち[3]1888年明治21年)11月30日[4] - 1946年昭和21年)4月13日[3])は日本の弁護士政治家衆議院議員(大阪府第五区選出、当選6回)[3]

人物[編集]

大阪府三島郡富田町(現高槻市)出身[1]。勝田悌三郎の二男[2][5]1913年東京帝国大学法科大学独法科卒業[2][5]。弁護士の業務に従事する[3]

衆議院議員に6回当選する[3]立憲民政党日本進歩党に所属する[1][3]。1946年4月13日、死去[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』124頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c 『帝国大学出身名鑑』か48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『議会制度七十年史 第11』136頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月21日閲覧。
  4. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、5頁。
  5. ^ a b 『人事興信録 第9版』カ78頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 校友調査会編『帝国大学出身名鑑』校友調査会、1934年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。