久保田鶴松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保田 鶴松(くぼた つるまつ、1900年10月15日 - 1984年1月12日)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員(10期)。元衆議院副議長大阪府出身。

人物[編集]

大阪府議会議員を経て、1947年衆議院議員総選挙に旧大阪4区から日本社会党公認で立候補し初当選。左右分裂時は左派社会党に属した。党代議士会長などを経て、1960年12月衆議院副議長に就任したが、1961年6月8日に与党自由民主党から提出された不信任決議案が賛成207票・反対150票で可決された後、辞任した。日本国憲法下において、国会正副議長への不信任決議が可決されたのは久保田だけである。またこれ以降、1976年ロッキード選挙後に三宅正一が副議長に就任するまで、国会の副議長ポストは与党・自民党の中堅議員が勤めるポストとなっていた。

1976年政界引退。同年勲一等瑞宝章受章。

1984年1月12日、肺炎のため死去。83歳。


議会
先代:
中村高一
日本の旗 衆議院副議長
第42代:1960年 - 1961年
次代:
原健三郎