山村新治郎 (10代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山村新治郎 (10代目)
やまむら しんじろう
Yamamura-shinjiroⅩ,katori-city,japan.JPG
生年月日 1908年3月2日
出生地 千葉県佐原市(現香取市
没年月日 (1964-10-02) 1964年10月2日(満56歳没)
出身校 佐原中学
所属政党 自由民主党
称号 正三位勲一等旭日大綬章
親族 長男・山村新治郎 (11代目)

日本の旗 第23・24代 行政管理庁長官
内閣 第2次池田内閣第3次改造内閣
第3次池田内閣
在任期間 1963年7月18日 - 1964年7月18日

選挙区 千葉2区
当選回数 9回
在任期間 1946年4月11日 - 1964年10月2日
テンプレートを表示

10代目山村 新治郎(やまむら しんじろう、明治41年(1908年3月2日 - 昭和39年(1964年10月2日)は、日本政治家実業家。元衆議院議員。予算委員長、議院運営委員長、自由民主党の国会対策委員長等の要職を歴任し、池田内閣において行政管理庁長官を務めた[1]。他に佐原造船社長、山村産業社長、会長も務めた[2]

よど号ハイジャック事件で運輸政務次官として乗客の身代わりになって北朝鮮に渡った山村新治郎(11代目)(旧名直義)の父。

来歴・人物[編集]

千葉県佐原市(現香取市)出身。先代新治郎の長男[3]佐原中学卒業[3]肥料米穀商を経営[2]

千葉県議を経て昭和21年(1946年)以来千葉県から衆議院議員当選9回[2]第2次池田内閣第3次改造内閣第3次池田内閣行政管理庁長官を務めた。昭和39年(1964年)10月2日、56歳で死去。死後、正三位勲一等旭日大綬章追贈。後継候補として息子の11代目山村新治郎が出馬し、当選を果たした。

趣味スポーツ読書[3]宗教浄土宗[3]

家族[編集]

山村家[編集]

千葉県佐原市(現香取市))
  • 父・新治郎[3]
  • [3]
  • 長男・直義[3](のちの新治郎、政治家)
昭和8年(1933年)4月 - 平成4年(1992年)4月

脚注[編集]

  1. ^ 加藤万吉君の故議員山村新治郎君に対する追悼演説
  2. ^ a b c 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』658頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『第二十一版 人事興信録(下)』1961年 や一二〇頁


議会
先代:
船田中
日本の旗 衆議院予算委員長
1961年 - 1962年
次代:
塚原俊郎
先代:
保利茂
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第12代:1957年 - 1958年
次代:
江崎真澄
公職
先代:
川島正次郎
日本の旗 行政管理庁長官
1963年 - 1964年
次代:
增原惠吉
党職
先代:
小沢佐重喜
自由民主党国会対策委員長
第6代 : 1960年 - 1961年
次代:
江崎真澄