木村篤太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木村 篤太郎
きむら とくたろう
Kimura Atsutaro.jpg
生年月日 1886年2月7日
出生地 日本の旗 日本 奈良県五條町
没年月日 1982年8月8日(満96歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 弁護士
所属政党 自由民主党(石井派)
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
全日本剣道連盟剣道殿堂顕彰

内閣 第5次吉田内閣
在任期間 1954年7月1日 - 1954年12月10日

日本の旗 初-2代 保安庁長官
内閣 第4次吉田内閣
第5次吉田内閣
在任期間 1952年10月30日 - 1954年6月30日

日本の旗 初代 法務大臣
内閣 第3次吉田第3次改造内閣
在任期間 1952年8月1日 - 1952年10月30日

内閣 第3次吉田第3次改造内閣
在任期間 1952年1月18日 - 1952年4月5日

日本の旗 第6代 法務総裁
内閣 第3次吉田第3次改造内閣
在任期間 1951年12月26日 - 1952年8月1日

その他の職歴
日本の旗 第47代 司法大臣
1946年5月22日 - 1947年5月24日
日本の旗 第19代 検事総長
(1946年2月8日 - 1946年5月22日)
日本の旗 参議院議員
1953年4月24日 - 1965年6月1日
テンプレートを表示
1952年(昭和27年)、全日本剣道連盟結成。前列中央木村篤太郎、隣中山博道
木村篤太郎翁像(正木坂剣禅道場

木村 篤太郎(きむら とくたろう、1886年明治19年)2月7日 - 1982年昭和57年)8月8日)は、日本の政治家、検察官弁護士剣道家

検事総長(第19代)、第一東京弁護士会会長(第16代)、法務大臣初代)、保安庁長官初代)、防衛庁長官初代)、全日本剣道連盟会長(初代)等を歴任した。

略歴[編集]

来歴・人物[編集]

法律家[編集]

法曹としては帝国弁護士会理事長、検事総長第一東京弁護士会会長を歴任した。

政治家[編集]

長く在野法曹で活動していた木村であったが、幣原喜重郎首相によって検事総長に登用、続く吉田茂首相では司法大臣として初入閣し、日本国憲法署名に名を連ねた。その後公職追放令により公職追放されるが、追放解除程無くして吉田内閣法務府初代総裁として再入閣。さらに1953年の参院選で奈良県から参議院議員に当選し、2期務めた。

法務総裁・法務大臣としては日本共産党による暴力革命への懸念から治安対策の立案の中心となり、自ら提出した破壊活動防止法案を成立させた。血のメーデー事件では不信任案が提出されるものの、否決されこれを切り抜けている。また警察予備隊から保安隊へと繋がる再軍備政策にも関与し、保安庁長官(自衛隊発足後は防衛庁長官)や隊友会会長を務めた。長官在任中の1954年予備自衛官制度を制定。

政界引退後は1967年10月に自由民主党院外団「自由民主党同志会」会長に就任し、死去するまでその座にあった。加えて街商組合(的屋の寄り合い)顧問の繋がりから院外団の政治活動の裏幹事的立場にもあり、法務総裁だった当時には警察力を補うため全国の博徒的屋愚連隊を結集した反共抜刀隊計画を元大日本国粋会理事長・梅津勘兵衛に持ちかけた。この動きは梅津の死後森田政治に引き継がれ、日本国粋会の結成に繋がっている。

剣道家[編集]

高校では撃剣部(剣道部)に入部し北辰一刀流小林定之に剣道を学んだ。勉学より剣道を優先し早朝から稽古に励んだという。2年生のとき、剣道部員7人と家を借り、を出て自炊生活を始める。大学でも撃剣部に属して木下寿徳山里忠徳中山博道の師範に学んだ。出稽古に訪れた学習院院長乃木希典の相手を務めたこともあった。

1941年大日本武徳会剣道部会長に就任。同年、中倉清ら剣道家が流派派閥を超えた剣道会を作りたいと木村に相談し、木村は快諾して論語から「思斉会」と名付け、自ら会長に就任した。思斉会は第二次大戦後の剣道復興に多大な貢献をもたらすこととなった。

終戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)指令によって大日本武徳会は解散し、剣道の組織的活動は禁止され、木村も公職追放されたが、剣道復興に尽力した。1952年、禁止令が解除。同年10月14日、全日本剣道連盟発足と同時に会長に就任した。

1974年、会長を退き名誉会長に就任。後任の会長は元最高裁判所長官石田和外であった。1985年、奈良県の芳徳寺正木坂剣禅道場に「木村篤太郎翁像」が建立された。

日本刀を蒐集し、国宝重文級のものはすべて財団法人刀剣博物館に寄贈した。愛刀は長曽禰虎徹興正。高齢になっても居合の稽古を欠かさず、剣道大会で居合を演武したこともあった。

栄典[編集]

生家[編集]

木村の生家は現在も五條市の新町通りに残っており、「まちや館」として勉強部屋や遺品が公開されている。

遺訓[編集]

  • 「一源三流」という語を好んで揮毫した。
  • 「浪人訓」は自由民主党同志会の標語になっている。内容は以下のとおり。
その位にあらずともその事を行ない自家の米塩を憂えずして国家の経綸志すものは浪人なり。即ち浪人は政府または人民より頼まるるに非ずして、自ら好んで天下の事に当たる。 — 昭和53年4月19日、同志会で開かれた卒寿祝賀会にて木村本人示す

著書[編集]

  • 卆翁百話 抜抄(1984年11月、木村篤太郎顕彰会)
  • 卆翁百話―文と武の遺文(1989年10月10日、島津書房ISBN 978-4882180210

参考文献[編集]

関連項目[編集]