鶴田皓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴田皓

鶴田 皓(つるた あきら、天保6年12月26日1836年2月12日) – 明治21年(1888年4月15日)は、明治時代の法制官僚。元老院議官。字は玄縞、通称は弥太郎、号は斗南佐賀藩多久邑出身。父は多久家家臣鶴田斌東京帝国大学法学部講師。諸法典編纂に参加。正三位勲二等。実業家・炭鉱技術者の高取伊好は弟。

略歴[編集]

栄典[編集]

エピソードなど[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  2. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  3. ^ 幕末洋学史の研究

参考文献[編集]

外部リンク[編集]