樋渡利秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋渡利秋
検事総長
任期
2008年7月1日 – 2010年6月17日
任命者 福田康夫内閣
前任者 但木敬一
後任者 大林宏
個人情報
生誕 (1945-08-04) 1945年8月4日(74歳)
兵庫県
出身校 東京大学法学部
専業 弁護士

樋渡 利秋(ひわたり としあき 1945年8月4日 - )は第24代検事総長TMI総合法律事務所顧問(第一東京弁護士会所属)。

人物[編集]

兵庫県出身。東大法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、司法修習を経て検事任官。その後、リクルート事件で文部省ルートを担当し、日本赤軍によるダッカ日航機ハイジャック事件で主任検事を務めた。また、司法制度改革審議会では事務局長を務め、反対意見の根強かった検察内部では、「国民のための司法改革。プロは好き嫌いを言ってはいけない」と主張するなど、裁判員制度創設に深く関わった[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “第24代検事総長に就任した樋渡利秋さん”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年7月1日). オリジナルの2008年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081202141117/http://www.sankei.jp.msn.com/life/trend/080701/trd0807012330016-n1.htm 
  2. ^ [1]

関連項目[編集]


先代:
古田佑紀
法務省刑事局長
2002年 - 2004年
次代:
大林宏
先代:
但木敬一
法務事務次官
2004年 - 2006年
次代:
大林宏
先代:
横田尤孝
広島高等検察庁検事長
2006年
次代:
鈴木芳夫
先代:
上田廣一
東京高等検察庁検事長
2006年 - 2008年
次代:
大林宏