東洋大日本国国憲按

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東洋大日本国国憲按(とうようだいにほんこくこっけんあん)とは、日本明治期における私擬憲法の一つ。1881年明治14年)に植木枝盛が起草した。

概要[編集]

自由民権左派の最も民主的・急進的な私擬憲法として知られる。特徴として、人民主権自由権抵抗権不服従権)・革命権立憲君主制連邦制・一院制などを定め、議会の権限が強いことが挙げられる。日本国国憲按ともいう。

影響[編集]

1889年(明治22年)に大日本帝国憲法が定められると、東洋大日本国国憲按を含む私擬憲法は国家への反逆の意を示すものと政府からみなされ、破却・隠匿されるなどして歴史の表舞台から消え去った。

1930年代明治文化研究会などで明治憲法制定過程の実証的研究を進める鈴木安蔵らによって他の私擬憲法とともに再発見された。

鈴木は、第二次世界大戦後の1945年昭和20年)12月、自らが参加する憲法研究会が新憲法案「憲法草案要綱」を作成・公表した際に、土佐立志社による「日本憲法見込案」などとともに「東洋大日本国国憲按」を参考資料とした。同「要綱」はGHQによる憲法草案のベースとなったため、東洋大日本国国憲按は同草案を原型として公布された現行日本国憲法の間接的源流とみることができる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]