松阪広政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松阪広政
Matsusaka Hiromasa.jpg
生年月日 (1884-03-25) 1884年3月25日
出生地 京都府久世郡宇治町
没年月日 (1960-01-05) 1960年1月5日(満75歳没)
死没地 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法科大学

在任期間 1941年7月29日 - 1944年7月22日

在任期間 1944年7月22日 - 1945年8月17日
テンプレートを表示

松阪 広政(まつざか ひろまさ、1884年明治17年)3月25日 - 1960年昭和35年)1月5日)は、太平洋戦争時の司法大臣A級戦犯として戦後、逮捕された。

生涯[編集]

京都府久世郡宇治町(現在の宇治市)の地主で製茶業の家に生まれた。京都二中、東京神田中学校、一高を経て、1910年(明治43年)、東京帝国大学法科を卒業。1912年大正元年)、検事となる。

1927年10月、一般検察実務から独立した思想問題専従の特別部として「思想専門」(通称。思想部)が東京地方裁判所検事局に設けられた際には、同局検事正 塩野季彦次席検事として支え、平田勲思想部長を通じて、三・一五事件四・一六事件の実質的指揮を執り、思想検事として思想・言論を対象とした治安維持法適用に関わった。

1941年(昭和16年)、検事総長となる。1943年(昭和18年)、東條英機の命により“反東條”で知られる中野正剛の強引な逮捕に協力したため、中野を自殺に追い込んだ者の一人ともいわれている。1944年(昭和19年)、小磯内閣司法大臣となり、1945年(昭和20年)、鈴木貫太郎内閣でも留任、戦時体制下の思想統制(ないし思想弾圧)を進めた。

その間、弟・政文が日中戦争で、また息子・廣次が沖縄戦で特攻隊として戦死している。

1945年12月、A級戦犯として連合国軍最高司令官より出された第3次逮捕命令により巣鴨プリズンに収監される。1946年(昭和21年)4月1日、貴族院議員を辞職[1]。その後、釈放。晩年は佐藤栄作首相の弁護士を務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5763号、昭和21年4月2日。


先代:
岩村通世
司法大臣
第47代:1944年 - 1945年
次代:
岩田宙造