布施健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
布施健
検事総長
任期
1975年1月25日 – 1977年3月20日
任命者三木内閣
前任者大沢一郎
後任者神谷尚男
個人情報
生誕 (1912-03-21) 1912年3月21日
岡山県
死没 (1988-02-25) 1988年2月25日(75歳没)
出身校東京帝国大学法学部
専業弁護士

布施 健(ふせ たけし、1912年3月21日 - 1988年2月25日)は、日本の検察官ロッキード事件時の検事総長(在任期間 1975年1月25日 - 1977年3月20日)。旧姓・小橋健。現在の岡山県備前市香登出身。

来歴・人物[編集]

12歳のとき広島県の布施家の養子となる。広島県立呉第一中学校(現・広島県立呉三津田高等学校)、旧制第六高等学校を経て1936年東京帝国大学法学部法律学科卒業。検事任官。戦争前の東京区裁判所検事時代に担当したゾルゲ事件で評価を高めた。

戦後は司法省(現在の法務省)行政局第三課長を振り出しに、法務省東京地検を行ったり来たりする“本流コース”を歩む。1949年には東京地検の主任検事として下山事件を担当し「他殺説」をとった。1958年東京地検特捜部長1962年甲府地検検事正、1965年法務省矯正局長。1969年の東京地検検事正時代には東大安田講堂事件沖縄返還闘争などを手掛けた。1973年東京高検検事長などを経て、1975年に戦後第11代検事総長に就任。部下に慕われライバルを蹴落とす訳でもなく、政治家に恩も義理もなく検事総長になれたのは、当時の三木内閣に力がなかったからとも言われる。同年に日本赤軍によるクアラルンプール事件が発生して獄中同志の釈放を要求された際には、関係大臣の協議の結果を受けた稲葉修法務大臣から検察庁法第14条が準用される形で指揮権が発動され、5人のメンバーが超法規的措置で釈放をすることになった。翌1976年、日本の疑獄史上、最大の事件とされるロッキード事件の捜査を指揮し、政治の圧力に屈せず田中角栄首相を逮捕、起訴に追い込んだ。ロッキード事件ではロッキード社幹部の嘱託証人尋問調書を取る過程で検事総長として刑事訴訟法第248条に規定された起訴便宜主義に基づいて起訴をしないことを約束した上でロッキード社幹部に対して事実上の司法取引を行ったが、1995年の最高裁判決で有罪判決が確定しつつもロッキード社幹部に対する事実上の司法取引について否定的見解が出た。

その他[編集]

参考文献[編集]