吉永祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「𠮷永祐介」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
瑞宝大綬章
吉永祐介
検事総長
任期
1993年12月13日 – 1996年1月16日
任命者 細川内閣
前任者 岡村泰孝
後任者 土肥孝治
個人情報
生誕 (1932-02-14) 1932年2月14日
岡山県
死没 (2013-06-23) 2013年6月23日(81歳没)
出身校 岡山大学法文学部
専業 弁護士


吉永 祐介(よしなが ゆうすけ、1932年昭和7年)2月14日 - 2013年平成25年)6月23日)は、岡山市生まれの検察官(第18代検事総長)。弁護士

来歴・人物[編集]

日通事件ロッキード事件など数多くの事件を東京地検特捜部で手がけ、俗にいう“現場派”として検事総長を歴任。2004年(平成16年)4月29日、瑞宝大綬章受章。

ロッキード事件の際、吉永副部長は新聞記者に対して「黙れ」「とにかく今後P3Cと書くことはならん」と言い、違反したら地検の会見には出させないと脅した。翌日からP3Cが紙面からきれいさっぱり消えたという。また、実質的な司法取引による刑事免責を与えられたロッキード社幹部のアーチボルド・コーチャンの証言について、吉永副部長は「米国人は聖書に手を置いて証言するから嘘は言わない」と新聞記者に言ったという[1]。警察から情報が漏れていると考えていた[2]

池波正太郎鬼平犯科帳』の長谷川平蔵を好んだ。

氏名の正式な表記は「吉」は異体字(「士=さむらい」の部分が「土=つち」)、「祐」は旧字体(示へんに右)であり、検事総長の官記(及び辞令書)にもその表記が使用された。

略歴[編集]

  • 1932年(昭和7年)2月 四姉弟の長男として衣料品販売業の家に生まれる。
  • 岡山県西大寺中学校(現・岡山県立西大寺高等学校)を飛び級の4年で修了し、旧制第六高等学校へ進学。のちの通産事務次官の小長啓一が同窓にあたる。
  • 学制改革で第六高等学校が岡山大学に包括され、法文学部を卒業。在学中に司法試験合格。
  • 1955年(昭和30年) 検事任官。以後、東京地検、長野地検、札幌地検、東京地検八王子支部などに勤務。
  • 1964年(昭和39年)3月 東京地検特捜部に異動。
  • 1967年(昭和42年) 日通事件発生
  •  :日本通運の福島敏行前社長の取調べにあたる。
  • 1972年(昭和47年)8月 法務省刑事局参事官に就任。
  • 1975年(昭和50年)1月 東京地検特捜部副部長に就任。
  • 1976年(昭和51年) 東京地検特捜部の副部長。
  •  :ロッキード事件の主任検事を務める。
  • 1978年4月(昭和53年) 東京地検特捜部長に就任。
  •  :ダグラス・グラマン事件捜査の指揮を執る。
  • 1980年(昭和55年)6月 最高検察庁検事に就任。
  • 1982年(昭和57年)11月 東京地検次席検事に就任。
  • 1984年(昭和59年)11月 宇都宮地検検事正に就任。
  • 1985年(昭和60年)12月 最高検公判部長に就任。
  • 1988年(昭和63年)12月19日 東京地検検事正に就任。
  • :この異動は検事総長前田宏の直接指示による。
  • 1989年(平成元年)5月29日 リクルート事件の捜査終結宣言を検事正談話として行う。
  • 1991年(平成3年)3月28日 広島高検検事長に就任。
  • :このポストは次の大阪高検検事長で定年を迎える(実力ある捜査官だが中枢には行けない)検事のコースと見られていた。
  • 1992年(平成4年)9月28日 東京佐川急便事件が発生
  •  :金丸信副総理が5億円を受け取りながら、政治資金規正法第22条の2の寄付金の量的制限違反の罪(罰金20万円以下)で略式起訴となったが、同様に1億円を受け取った金子清新潟県知事が政治資金規正法第25条の虚偽記載の罪(禁錮5年以下)の疑いで正式起訴(後に、禁錮1年執行猶予3年の判決)されたことに、怒りの電話や投書が東京地検に殺到し、石碑にペンキを投げつけられた。現役の検察首脳の一人である佐藤道夫札幌高検検事長(後に参議院議員)も9月29日付朝日新聞で批判する異例の事態となった。
  • 1992年(平成4年)12月12日 宮澤喜一内閣が改造し、法務大臣後藤田正晴が入閣した。
  • :その後藤田の就任第一声が「吉永君はどこにいるのか」であった。
  • 1993年(平成5年)7月2日 東京高検検事長に就任。(大阪高検からの異動は異例中の異例)
  • :後藤田の存在と現場の「吉永コール」に応える形で、定年を迎えた藤永幸治の後任として就任。
  • 1993年(平成5年)12月13日 第18代検事総長に就任(旧制大学出身以外としては初)。
  • 1996年(平成8年)1月16日 任期を1年残して勇退。
  • :後任の検事総長は“赤レンガ派”の根来泰周を飛ばして[3]、同じく“現場 派”の土肥孝治
  • 1996年3月(平成8年) 弁護士登録。
  • 1996年6月(平成8年) 株式会社ベネッセコーポレーション監査役。
  • 1998年6月(平成10年) 東京海上火災保険株式会社監査役
  • 2001年5月(平成13年) 株式会社大丸監査役
  • 2004年(平成16年)12月 同年に発生した輸入BSE牛肉偽装問題で、10名の逮捕者を出したハンナン・グループ立て直しを図る「コンプライス委員会」の委員長を2004年(平成16年)12月から2006年(平成18年)6月まで務めた。
  • 2013年(平成25年)6月23日、肺炎により死去[4][5]。81歳没。歿日付で正三位に叙された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • エス・ビー・ビー - いわゆるえせ同和団体の一つ。高額書籍を脅しまがいの手法で販売する会社で、のちに社長らが恐喝で実刑判決を受けた。吉永は同社の社外監査役を務め、同社の書籍に推薦文を寄せていたことがある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』
  2. ^ NHKスペシャル未解決事件
  3. ^ 「霞ヶ関ウォッチング」 文藝春秋2010年12月号
  4. ^ 訃報:ロッキード事件指揮、吉永祐介さん死去81歳 毎日新聞 2013年6月28日閲覧
  5. ^ “吉永元検事総長が死去 特捜の顔、ロッキード事件指揮”. 共同通信. (2013年6月28日). http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062801001715.html 2014年11月14日閲覧。 
  6. ^ 2007/4/3 朝日新聞 民主議員の団体名借用 高額本押し売り 都内の出版社