安原美穗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
安原美穗
検事総長
任期
1981年7月23日 – 1983年12月2日
任命者 鈴木善幸内閣
前任者 辻辰三郎
後任者 江幡修三
個人情報
生誕 (1919-01-02) 1919年1月2日
京都府
死没 (1997-03-20) 1997年3月20日(78歳没)
出身校 京都帝国大学
専業 弁護士

安原 美穗(やすはら よしほ、1919年1月2日 - 1997年3月20日)は、日本の検察官法務官僚検事総長弁護士

経歴[編集]

京都府出身。京都府第二中学校(現京都府立鳥羽高等学校)、第三高等学校 (旧制)を経て、京都帝国大学卒業。

1943年司法官試補。1947年検事となる。東京地方検察庁検事、オランダ大使館一等書記官などを経て、1973年法務省刑事局長。1977年法務事務次官。1981年7月23日-1983年12月2日検事総長。

1984年弁護士を開業。[1]のち財団法人国際研修協力機構理事長、財団法人矯正協会会長、株式会社住友銀行顧問弁護士を務めた。

著書『検察の窓から』(高文堂出版社、1985年)のほか、論文・記事を多数執筆している。

脚注[編集]

  1. ^ 安原美穂 やすはら-よしほ デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説