稲田伸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いなだ のぶお
稲田 伸夫
Inada Nobuo 2018-07-27.jpg
稲田伸夫
生誕 (1956-08-14) 1956年8月14日(64歳)
日本の旗 奈良県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
職業 検察官

稲田 伸夫(いなだ のぶお、1956年昭和31年〉8月14日 - )は、日本検察官

人物・来歴[編集]

奈良県出身。灘高等学校を経て、東京大学法学部第1類(私法コース)を卒業後[1]、1981年に検事任官。東京地検検事時代にゼネコン汚職事件の捜査を3年半担当した[2]

山形地方検察庁検事正法務省刑事局長、法務事務次官仙台高等検察庁検事長東京高等検察庁検事長[3][4]などを経て、2018年検事総長[5]

2019年、全国の検察幹部が集まる会議で、裁判官の証拠採用の在り方に懸念を示した。検事総長が裁判所に苦言を呈するのは異例[6][7]

2020年7月17日、検事総長を退任[8]

経歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 『東大人名録,第1部』、1986年発行、38ページ
  2. ^ 新法施行に悩む東京地検・高検トップの素顔 | 政策” (日本語). 東洋経済オンライン (2017年9月13日). 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ 東京高検検事長に稲田氏” (日本語). 日本経済新聞 (2017年8月1日). 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “新東京高検検事長と東京地検特捜部長が抱負” (日本語). 産経ニュース. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 「社会の変化、敏感に反応」 稲田伸夫新検事総長が抱負” (日本語). 日本経済新聞 (2018年7月25日). 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 注目裁判・話題の会見:検事総長が「平成最後」の訓示 治安や捜査はいま” (日本語). 毎日新聞. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 検事総長が裁判所に苦言 刺激強い証拠「採用の努力を」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年3月6日閲覧。
  8. ^ 検事総長に林氏、閣議決定” (日本語). 日本経済新聞 (2020年7月14日). 2020年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
池上政幸
法務省官房長
2008年 - 2011年
次代:
黒川弘務
先代:
西川克行
法務省刑事局長
2011年 - 2014年
次代:
林眞琴
先代:
西川克行
法務事務次官
2014年 - 2016年
次代:
黒川弘務
先代:
寺脇一峰
仙台高等検察庁検事長
2016年 - 2017年
次代:
堺徹
先代:
田内正宏
東京高等検察庁検事長
2017年 - 2018年
次代:
八木宏幸