林頼三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林頼三郎
Raizaburo Hayashi.jpg
生年月日 (1878-09-06) 1878年9月6日
出生地 Flag of Japan (1870-1999).svg 日本埼玉県埼玉郡成田町
没年月日 (1958-05-07) 1958年5月7日(79歳没)
出身校 東京法学院
称号 正二位勲一等法学博士

在任期間 1932年5月28日 - 1935年5月13日

在任期間 1935年6月13日 - 1936年3月13日
元首 昭和天皇

内閣 廣田内閣
在任期間 1936年3月9日 - 1937年2月2日

在任期間 1937年1月12日 - 1938年12月9日

枢密顧問官
在任期間 1938年12月6日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

林 頼三郎(はやし らいざぶろう、1878年明治11年)9月6日 - 1958年昭和33年)5月7日)は、日本刑法法学検事総長大審院院長・司法大臣を歴任した。現在の埼玉県行田市出身。

生涯[編集]

父は忍藩御典医だったが、製粉業に失敗し、貧しい生活を強いられた。忍高等小学校在学中、父が病気となり、途中、北埼玉郡役所給仕となる。家計を助けるかたわら、出勤前早朝に恩師の自宅で英語を学ぶ努力家であり、16歳のときにその人物を見込まれ、政治家で北埼玉郡長林有章の養子となる[1]。同年、弁護士書生をしながら、東京法学院中央大学の前身)に進学、法学博士学位を得、法曹界に重きをなした。

検事となり「思想検事」系列に連なる。法曹会の会員で[2]1919年大正8年)末、三・一独立運動に関する平沼騏一郎検事総長宛の視察調査報告では、「思想犯の社会からの隔離」を提言。これは後の1941年昭和16年)の新治安維持法において、行刑や思想犯保護観察法も絡め、予防拘禁として盛り込まれた[3]。また司法次官時代には、小山松吉検事総長らと、実際の治安維持法が初適用された京都学連事件にも関わった[4]

一方、母校の中央大学、横浜専門学校(現在の神奈川大学)などで教育振興にも尽力し、故郷の行田市水城公園には顕彰碑が建立されている。ちなみに、中央大学法学部出身の俳優丹波哲郎は親戚にあたり、丹波自身、「仙台二校(ママ)を3度受けても入らない。中央大学に入ったのも、総長の林頼三郎が親戚だったので、入れていただいた」と後年語っている[5]

1958年(昭和33年)には行田市の初代名誉市民に推挙された[6]

略歴[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許
称号
  • 1958年(昭和33年)5月3日 - 埼玉県行田市から名誉市民称号が贈られる[6]

著書[編集]

  • 『刑事訴訟法要義』
  • 『刑法総論』

脚注[編集]

  1. ^ 林有章」、徳富蘇峰記念館。
  2. ^ 法曹会雑誌」、法曹会。1923年。
  3. ^ 荻野富士夫『思想検事』(岩波新書、2000年9月) P17 - P18
  4. ^ 荻野富士夫『思想検事』 P26
  5. ^ 丹波哲郎の霊界サロン/丹波哲郎が語る「死後の世界の実相」
  6. ^ a b “行田市の名誉市民の方々” (プレスリリース), 行田市, (2011年6月23日), https://www.city.gyoda.lg.jp/12/02/10/meiyoshimin.html 2016年8月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 履歴書(3名)』 アジア歴史資料センター Ref.A06050362200 
  8. ^ 『官報』第4840号「叙任及辞令」1943年3月4日。
  9. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  10. ^ 『官報』第2532号「叙任及辞令」1935年6月13日。
  11. ^ 『官報』第4876号「叙任及辞令」1943年4月16日。

関連項目[編集]


先代:
和仁貞吉
大審院
第15代:1935年 - 1936年
次代:
池田寅二郎