外間寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外間 寛(ほかま ひろし、1932年10月9日 - )は、日本法学者行政法学者。元中央大学学長総長沖縄県那覇市出身。

略歴[編集]

1954年中央大学法学部卒業。1960年東京大学大学院社会科学研究科公法専攻単位取得満期退学。東京大学法学部助手。1961年中央大学法学部専任講師。1962年同法学部助教授。1968年同法学部教授。1984年日本比較法研究所所長( - 1987年)。1987年中央大学法学部長( - 1991年)。1990年中央大学理事( - 1993年)。1993年中央大学学長( - 1999年)。2003年中央大学定年退職。同名誉教授。中央大学総長。中央大学理事。2005年中央大学総長・理事退任[1]

主著[編集]

  • 『行政法演習』田中二郎, 雄川一郎編 有斐閣, 1963
  • 『地方自治・公務員(行政法講座 ; 第5巻)』有斐閣, 1965
  • 『必要とされるときの弁護士 : 現代社会における弁護士の使命と役割』E.E.チーサム著、渥美東洋, 小島武司と共訳 中央大学出版部, 1974
  • 『ワークブック行政法(有斐閣選書)』市原昌三郎, 広岡隆と共編 有斐閣, 1976
  • 『オムブズマン制度の比較研究』小島武司と共編 日本比較法研究所, 1979
  • 『現代行政法(第5版)』成田頼明ほかと共著 有斐閣, 2002

注釈[編集]

  1. ^ 以上について、「外間寛先生略歴」『法学新報112巻 11=12号』(中央大学、2006年7月)
先代:
髙木友之助
中央大学学長
1993年 - 1999年
次代:
鈴木康司