小島武司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 武司(こじま たけし、1936年9月1日 - )は、日本の法学者中央大学名誉教授。専門は、裁判法民事訴訟法を含む民事系手続法全般に及ぶ。日本を代表する民事手続法の大家の一人である。法学博士(中央大学、1977年)(学位論文「訴訟制度改革の理論」)。桐蔭横浜大学学長(~2016年4月)。神奈川県出身[1]。2018年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

  • 日本民事訴訟法学会理事長
  • 私法学会元理事
  • 公証法学会元理事
  • 日米法学会元評議員
  • 中央教育審議会大学分科会法科大学院部専門委員
  • 仲裁ADR法学会理事長
  • 司法アクセス学会会長
  • 日本交渉学会副会長
  • International Law Association(仲裁法委員会委員)

主要著作[編集]

  • 『民事訴訟法100講』(学陽書房、1984年)
  • 『破産法』(共著、青林書院、1987年 / 初版、1993年改訂版)
  • 『注釈民事訴訟法』(新堂幸司・小島編、有斐閣、1990年)
  • 『裁判のキーワード』(有斐閣、1993年 / 初版、1998年新版)
  • 『新民事訴訟法』(共著、青林書院、1997年 / 初版、1997年改訂版)
  • 『仲裁法』(青林書院、2000年)
  • 『ドイツ法・ヨーロッパ法の展開と裁判』(共編、中央大学出版部、2000年)
  • 『ブリッジブック裁判法』(編著、信山社出版、2002年 / 初版、2010年第2版)
  • 『法曹倫理』(有斐閣、2004年初版 / 2006年第2版)
  • 『小島武司先生古稀祝賀「民事司法の法理と政策」』(商事法務、2009年)
  • 『民事訴訟法』(有斐閣、2013年)
  • 『よくわかる民事訴訟法』(編著、ミネルヴァ書房、2013年)

この他著作多数

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.260