今村都南雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今村 都南雄(いまむら つなお、1941年 - )は、日本の政治学者。専門は行政学地方自治論。主に組織論のアプローチに基づいた研究を行う。山梨県甲府市生まれ。

来歴[編集]

1960年、埼玉県立熊谷高等学校卒業。1965年、中央大学法学部法律学科卒業。1967年、国際基督教大学大学院行政学研究科修了。1967年、中央大学法学部助手。1971年、中央大学法学部助教授。1978年、中央大学法学部教授。1981年、中央大学大学院法学研究科教授。2005年、中央大学公共政策大学院教授。2010年、中央大学法学部名誉教授。山梨学院大学法学部教授・山梨学院大学大学院社会科学研究科長。2002-2004年度日本行政学会理事長。1990年-2003年および2007年-2010年学校法人中央大学選任評議員。

著書[編集]

単著[編集]

単行本

共著[編集]

  • 『ホーンブック行政学』(北樹出版、1996年)
  • 『現代政治学の透視図』(世界書院、1999年) ISBN 4-7927-9043-3
  • 『自治体の構想2 制度』(岩波書店、2002年)
  • 『逐条研究 地方自治法〈3〉執行機関』(敬文堂、2004年)
  • 『ホーンブック基礎行政学』(北樹出版、2006年)ISBN 4-7793-0021-5
  • 『都市政府とガバナンス』(中央大学出版部、2004年])
  • 『ゼロからの自治―大潟村の軌跡と村長・宮田正馗 自治に人あり〈4〉』(公人社、2012年)

編著[編集]

訳書[編集]

  • F.E.ローク『官僚制の権力と政策過程(第2版)』(中央大学出版部、1981年)
  • G. マヨーネ『政策過程論の視座』(三嶺書房,1996年) ISBN 4-88294-110-4
  • プルネンドラ・ジェイン『日本の自治体外交―日本外交と中央地方関係へのインパクト』 (自治総研叢書)(敬文堂、2009年) ISBN 4-7670-0164-1

恩師[編集]

学部生時代は外間寛(行政法)ゼミに所属。国際基督教大学院生時代に蝋山政道に師事。中央大学助手時代には学外指導教授として辻清明に師事。

門下生[編集]

このほか、中村陽一(行政学、中央大学法学部名誉教授)門下ではあるが、日高昭夫(山梨学院大学法学部教授)も、今村都南雄の門下生に近い位置にある(今村の還暦記念で公刊された『日本の政府体系』に日高が寄稿しているのはかくなる理由による)。

参考文献[編集]

  • 『法學新報 第118巻第3・4号』(中央大学法学会、2011年)