深澤武久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深澤 武久(ふかざわ たけひさ、1934年1月5日 - )は最高裁判所判事弁護士学校法人中央大学元理事[要出典]静岡県出身[1]

金のない依頼人の面倒を見ていた弁護士である父親を見て[2]自身も弁護士を目指す[要出典]

1957年、中央大学法学部卒業。1961年、弁護士登録[要出典]

1993年、東京弁護士会会長[要出典]。2000年9月、最高裁判事に就任[2]2004年1月、定年退官。2005年11月、旭日大綬章を受章[要出典]

2014年5月、学校法人中央大学理事長に就任[要出典]

2017年5月、学校法人中央大学理事長を退任[要出典]

著書[編集]

  • 『法廷に臨む -最高裁判事として』(信山社、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.197
  2. ^ a b 野村二郎、117頁。

参考書籍[編集]

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)