原田鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原田 鋼
(はらだ こう)
生誕 1909年9月17日
死没 (1992-07-17) 1992年7月17日(82歳没)
研究分野 政治学政治思想史政治哲学・政治権力の社会科学的研究。
研究機関 中央大学
出身校 早稲田大学学士)・東京大学博士
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

原田 鋼(はらだ こう、1909年9月17日 - 1992年7月17日)は、日本政治学者。1942年法学博士(論文の題は「法治国家論」)[1]東京帝國大學)。元中央大学学長大連生まれ、栃木県大田原市で育つ。

来歴[編集]

1936年早稲田大学政治経済学部卒業。東京帝国大学法学部助手。早稲田大学政治経済学部非常勤講師。1948年中央工業専門学校専任講師。1949年中央大学法学部教授(政治学原論・政治史法哲学を担当)。1965年中央大学評議員( - 1973年)。1969年中央大学学長。1980年中央大学停年退職。同名誉教授。1989年、文化功労者

この他、司法試験第二次試験考査委員(旧司法試験)(1961年 - 1974年)、国家公務員上級試験専門委員(1961年 - 1981年)、日本政治学会理事長(1966年 - 1968年)、日本学術会議会員[2]

研究[編集]

専門は、政治学全般。特に、政治思想史政治哲学・政治権力の社会科学的研究。後年、法哲学も研究した。

主著[編集]

  • 『政治思想史概説』有斐閣, 1941
  • 『主權概念を中心としてみたる政治學説史』研進社, 1947
  • 『西洋政治思想史(有斐閣全書)』有斐閣, 1950
  • 『政治思想史概説』有斐閣, 1961
  • 『日本における近代政治学の発達』蝋山政道著、原田解説 ぺりかん社, 1968
  • 『ヨーロッパ政治思潮史』御茶の水書房, 1980
  • 『権力複合態の理論 : 少数者支配と多数者支配』有斐閣, 1981
  • 『政治権力の実体 : 仮面をつける政治』御茶の水書房, 1989
  • 『法治國家論 : 法治國家の機能と限界(復刻版)』有斐閣, 1990

注釈[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる
  2. ^ 以上について、「原田鋼先生略歴」『法学新報87巻 3号』(中央大学、1980年)

外部リンク[編集]

先代:
戸田修三
中央大学学長
1969年 - 1969年
次代:
嶋崎昌