広岡隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広岡 隆(ひろおか たかし、1926年6月29日 - 2009年[1])は、日本の法学者。専門は行政法行政代執行

大阪府河南町生まれ。1949年京都帝国大学法学部卒。1962年「行政上の強制執行の研究」で京都大学法学博士大阪学芸大学助教授、関西大学法学部助教授、関西学院大学法学部助教授、教授、96年定年、名誉教授、関西外国語大学教授[2]

著書[編集]

  • 『行政上の強制執行の研究』法律文化社 1961
  • 『行政代執行法』有斐閣双書 1970
  • 『行政法総論』ミネルヴァ書房 法律学全書 1973
  • 『行政強制と仮の救済』有斐閣 関西学院大学研究叢書 1977
  • 『短剣と菊の花』嵯峨野書院 1984
  • 『行政法閑談』ミネルヴァ書房 1986
  • 『判例・建築基準法』有斐閣 1990
  • 『公物法の理論』ミネルヴァ書房 1991
  • 『法と社会』ミネルヴァ書房 1995
  • 『国際関係論 歴史的視点から』ミネルヴァ書房 1996
  • 『欧州統合の法秩序と司法統制 欧州諸共同体司法裁判所の裁判を中心として』ミネルヴァ書房 1998

共編著[編集]

  • 『法学綱要』今井直重共著 三和書房 1956
  • 『憲法要説』今井直重共著 三和書房 1959
  • 『行政法の基礎知識』杉村敏正,園部逸夫共著 有斐閣双書 1966
  • 『行政法判例』室井力,塩野宏共編 有斐閣双書 1971
  • 『法学演習講座 12 行政法 重要問題と解説』金子芳雄,山本徳栄共編 法学書院 1974-75
  • 『ワークブック行政法 質問と解答』市原昌三郎,外間寛共編 有斐閣選書 1976
  • 『行政法学の基礎知識』全2巻 共編 有斐閣ブックス 1978
  • 『法と現代生活』土居靖美共編 法律文化社 1980

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「昨年逝去された広岡隆」とある
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年