片山金章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 金章(かたやま きんしょう、1897年2月15日 - 1983年12月29日)は、日本法学者法学博士中央大学)。専門は商法民法英米法。元中央大学学長

人物[編集]

受賞歴[編集]

恩師[編集]

学部時代は英米法の春木一郎の薫陶を受け、助手時代に学外指導教授として松本烝治及び田中耕太郎に民法、商法の薫陶を受けた。

主要著作[編集]

  • 『物権法』(評論社、1950年)
  • 高窪喜八郎と共編『民法物権編』(中央大学出版部、1958年)

門下生[編集]

参考文献[編集]

  • 片山金章先生古稀記念論集刊行委員会編『民事法学の諸相 : 片山金章先生古稀記念論集』(勁草書房、1970年)
  • 片山金章先生追悼論文集刊行委員会編『法​と​法​学​の​明​日​を​求​め​て ​:​ ​片​山​金​章​先​生​追​悼​論​文​集』(​​勁​草​書​房、1989年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる
先代:
加藤正治
中央大学学長
1958年 - 1961年
次代:
升本喜兵衛